萌花ゆりあ

萌花ゆりあ(もえか ゆりあ、12月2日)は宝塚歌劇団87期生の娘役タカラジェンヌ。

愛称は「まいまい、ゆりあ」。

身長は162cm。

出身地は和歌山県和歌山市。出身校は和歌山大学教育学部附属中学校。

妹は宝塚歌劇団89期生の萌野りりあ。

宝塚時代

1999年に宝塚音楽学校に入学。

2001年に宝塚歌劇団の87期生として入団し、宙組公演「ベルサイユのばら2001~フェルゼンとマリー・アントワネット編~」で初舞台を踏み、月組に配属される。

2011年に「Dance Romanesque」で部分休演した蒼乃夕妃の代役を務める。

2016年に「NOBUNAGA<信長> -下天の夢-/Forever LOVE!!」東京宝塚劇場千秋楽で宝塚歌劇団を結婚退団。

 

結婚

退団公演の舞台上で異例の結婚報告が行われた。

萌花ゆりあは「萌花ゆりあ、結婚致します」と報告した。

サヨナラショーでは白い服を着るファンが多い中、婚約者は青いジャケットを着て来たので、龍真咲に「目立っていた」といじられた。

飛鳥裕は「萌花ゆりあを連れ去ったのはフィアンセの方なのでなので責任を取って頂きたい」と話した。

龍真咲は「龍真咲、結婚できませんでした」と報告した。

 

関連ページ

トップスターの同期生:龍真咲早霧せいな

所属:87期生月組

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。