愛那結梨(高島枝里)

愛那結梨(あいなゆうり、10月19日)は宝塚歌劇団92期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考えた〔1〕。
愛称は本名から「えりねぇ」、芸名から「ゆうりん、あいりーん」。
身長は159㎝。血液型はB型。
出身地は熊本県熊本市。出身校は熊本大学教育学部附属中学校、真和高校(卒業)。
所属劇団はハウステンボス歌劇団。
妹はハウステンボス歌劇団の高嶋マリエ。

趣味は読書、舞台・映画鑑賞、同期と集う事(語り合う:夢、ホームパーティー)〔1〕。
集めている品はアクセサリー、香水〔1〕。
好きな花は鈴蘭、バラ、ヒマワリ、タンポポ〔1〕。
好きな色は白、赤、緑、ピンク、ゴールド〔1〕。
好きな食べ物は餃子、りんご、カレーライス、エビ、「Angel love」〔1〕。

夢を追い続ける方法は、自分の意思を周囲に伝える事〔3〕。
「人の可能性は無限大」だと思っている〔3〕。

宝塚時代

好きだった役は「エリザベート」の全て〔1〕。
演じてみたい役は色々な役〔1〕。

2004年に宝塚音楽学校に入学。
2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団し、宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台を踏み、月組に配属される。
2010年に「THE SCALET PIMPERNEL」千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

退団後

女優として活動。

2013年に「ハウステンボス歌劇団」に創設メンバーとして所属。
2016年に「ハウステンボス歌劇団」で「チーム心(ハート)」を結成し娘役トップスターに就任。
トップ就任の際は不安もあったが、「心溢れる舞台」を披露できるように努めた〔2〕。

入団前

3歳からバレエを習い、小学6年生から「熊本児童合唱団」に所属し、宝塚受験のために声楽を習っていた〔3・4〕。

中学校の修学旅行で宝塚歌劇を観劇した時から「宝塚に入れたら良いなぁ」と思い、高校受験終了日に進路を考えた時に「宝塚が大好き!やはり受験してみたい!」と思ったので宝塚受験を決意し、高校卒業時の受験で合格した〔3・4〕。
宝塚受験ではレッスンと勉強の両立に挫折しそうになり、合格できるのか不安になったが、友人が勉強に励む姿を見て励まされた〔3〕。
中学校の担任には「思った事に挑戦してみなさい」と励まされた〔3〕。

情報ソース

1、宝塚おとめ 2006年度版~
2、「新チーム「心」が出陣式」 毎日新聞
3、「輝いている先輩 – 39期 高島枝里さん (宝塚歌劇団 月組)」 真和中学・高等学校ホームページ
4、「ロングインタビュー|愛那 結梨(H13卒)」 熊本大学教育学部附属中学校 東京同窓会

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。