ひろ香祐

ひろ香祐(ひろかゆう、9月24日)は宝塚歌劇団95期生の男役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考え、母親の名前「弘子」から自分で決めた〔4・8〕。
愛称は「こりん」、芸名から「ヒーロー」。
身長は172cm。
出身地は愛知県名古屋市。出身校は愛知工業大学附属中学。
長女。
父親は元プロ野球選手(内野手、外野手)の大豊泰昭(陳大豊)。
叔父は元プロ野球選手の大順将弘(陳大順)。

趣味は舞台鑑賞、野球観戦、旅行(海外)、韓流、綺麗な景色を見に行く事〔8〕。
特技はバイオリン、中国語〔8〕。
集めている品はCD(ミュージカル)、アクセサリー(サングラス)、グッズ(健康、美容)、化粧品〔8〕。
好きな花はバラ、カーネーション、ガーベラ〔8〕。
好きな色は水色、白、赤〔8〕。
好きな食べ物は手料理、生クリーム、「IZUMI」の物、「HARBS」のミルクレープ、「菓子職人」の低糖質プリン〔8〕。
好きな飲み物は「ポピー」のジュース、カフェオレ(「CoCo」)〔8〕。

宝塚時代

好きだった役は今迄に演じた全ての役、「ダンサ セレナータ」のアントニオ、「ロミオとジュリエット」新人公演のロレンス神父、「ガイズ&ドールズ」新人公演のナイスリー・ナイスリー・ジョンソン〔8〕。
演じてみたい役は色々な役、「龍馬伝」の坂本龍馬、悪役、殺陣のある役〔8〕。

2007年に宝塚音楽学校に入学。

2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団し、宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」で初舞台を踏み、星組に配属される。
宝塚音楽学校の卒業式では、「辛い時、父がいつも支えてくれた。数々の励ましやアドバイスをもらい、感謝の気持ちでいっぱい。これからも父の言葉とともに歩んでいきたい」と話した〔3・4・9〕。
父には「途中で弱音を吐く事はなかった。2年前とは目つきが変わった」と評価された〔4〕。

2012年に父が再婚。
2013年に台湾公演「宝塚ジャポニズム/怪盗楚留香外伝-花盗人-/Étoile de TAKARAZUKA」に出演。
2015年に「ガイズ&ドールズ」の新人公演でナイスリー・ナイスリー・ジョンソン役を務める。
1月18日に父が急性骨髄性白血病のため、51歳で死去〔1・5・6・7〕。

2016年に妃海風ミュージック・サロン「Princesa!!」に出演。

入団前

小学校低学年の頃は、父親が三振ばかりだといじめられていた〔6〕。

2005年に母親が死去〔4〕。

情報ソース

1、「大豊泰昭さん死去、51歳 元中日、強打者で活躍」 中日新聞
2、「大豊泰昭氏の長女ら緊張の宝塚初ステージ」 スポニチアネックス
3、「宝塚音楽学校卒業式 元日本代表、本塁打王の娘も巣立つ」 スポニチアネックス
4、「宝塚音楽学校で卒業式、大豊氏の長女ら巣立ち」 スポニチアネックス
5、「早すぎる…元中日・大豊泰昭氏、51歳で死去 急性骨髄性白血病で」 スポーツ報知
6、『「波瀾万丈1本足打法」大豊さん死去51歳』 日刊スポーツ
7、「大豊氏密葬に楽天・星野SAら参列」 デイリースポーツ
8、宝塚おとめ 2009年度版~
9、「元阪神大豊氏の長女ひろ香らが卒業」 日刊スポーツ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 聖野花珠

  2. 彩勢沙樹

  3. あうら真輝(東小雪)

  4. 双葉美樹

  5. 初花美咲

  6. 琴城まなか

  7. 実咲凜音

  8. 春あゆか

  9. 星野瞳

  10. 真灯かなた(MATOO)

  11. 柚乃玲花(譲原早理)

  12. 響まりあ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。