孔雅といろ


孔雅といろ(こうがといろ、5月17日)は宝塚歌劇団103期生の男役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考えた〔1〕。
愛称は「まっくす」。
身長は173㎝。
出身地は東京都足立区。出身校は青森山田高校(スポーツコース、1年修了)。

趣味は映画鑑賞〔1〕。
特技は新体操の回転技〔1〕。
集めている品は観た映画のチケット〔1〕。
好きな花は菜の花〔1〕。
好きな色は青、ゴールド〔1〕。
好きな食べ物は焼そば、ねぶた漬〔1〕。

宝塚時代

演じてみたい役は「長い春の果てに」のクロード〔1〕。

2015年に宝塚音楽学校に入学。

2017年に宝塚歌劇団に103期生として入団し、雪組公演「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で初舞台を踏み、星組に配属される。
「Dramatic “S”!」では母校から「誰よりもキレがある」と評価された〔4〕。

入団前

コンプレックスは長身〔3〕。

小学1年生の時からスポーツクラブで新体操、小学3年生の時から母親の友人にバレエ、宝塚受験を決意してから元タカラジェンヌに歌を習い、高校生の頃は新体操部に所属していた〔2・3・4・5〕。
中学3年生の時にバレエの先生から「身長が高い」という理由で宝塚受験を勧められ、宝塚歌劇には興味が無かったが「長身を生かせるなら」と思い宝塚受験を決意し、中学卒業時の初受験で3次試験まで進み、高校1年修了時に2度目の受験で合格した〔3・5〕。

情報ソース

1、宝塚おとめ 2017年度版~
2、「宝塚音楽学校合格 校長先生へ報告TV放映について」 青森山田高等学校
3、「青森)宝塚音楽学校へ 青森山田高校の菊地花菜さん」 朝日新聞
4、「青森山田のOG活躍」 青森山田高等学校
5、「宝塚音楽学校 合格!」 青森山田高等学校