麻尋しゅん(麻尋えりか)

麻尋しゅん(まひろしゅん、10月1日)は宝塚歌劇団88期生の男役タカラジェンヌ。
芸名は恩師・家族に「男役らしい芸名」を考えてもらい、束ねる事で強くなる植物「麻」から名付けられた〔1・4〕。
愛称は「えり」、芸名から「まひろ、しゅん」。
身長は163→167→169→167cm。血液型B型。
出身地は富山県富山市。出身校は富山県富山市立奥田中学校。
所属事務所はルーミングエージェンシー。
双子の妹は宝塚歌劇団94期生の夢羽美友、夢花らん。

趣味はスキー〔4〕。
集めている品はアクセサリー、香水〔4〕。
好きな花はヒマワリ〔4〕。
好きな色は白、水色、紫〔4〕。
好きな食べ物は梨、クリームシチュー〔4〕。

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔4〕。

2000年に宝塚音楽学校に入学。
身長が163cmから167cmに伸びたので男役に転向した〔2〕。

2002年に宝塚歌劇団に88期生として入団し、星組公演「プラハの春/LUCKY STAR!」で初舞台を踏み、星組に配属される。
2004年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第3期スカイフェアリーズに就任。

2006年に「ベルサイユのばら」の新人公演でオスカル役、「ヘイズ・コード」でウィル役を務める。
「ベルサイユのばら」の新人公演では、「イメージに合う」と評判だったので「期待を裏切れない」というプレッシャーを感じていた〔3〕。
「ヘイズ・コード」では関西出身ではないので、笑いの間が恐怖だった〔3〕。

2007年に「シークレット・ハンター」で新人公演初主演を務める。
2008年に「ANNA KARENINA」でバウホール(ワークショップ)公演初主演を務め、「北日本新聞芸術選奨」を受賞。
2009年に「My dear New Orleans/ア ビヤント」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

退団後

芸名を「麻尋えりか」に改名し、女優として「ルーミングエージェンシー」に所属。

入団前

小学2年生からモダンバレエを習っていた。
全国ツアー公演「シトラスの風」を観劇して受験を決意し、中学卒業時に初めての受験で合格した。

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回
「ANNA KARENINA」(初主演)

・新人公演1回
「シークレット・ハンター」(初主演)

情報ソース

1、「The name of タカラジェンヌ」 産経新聞
2、「麻尋えりか、“女”としての芝居」 Timeout東京
3、『GO!GO!宝塚 ちょっぴり不安“ボケ担当”/麻尋しゅん』 日刊スポーツ
4、宝塚おとめ 2002年度版~

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。