縣千


縣千(あがたせん、2月10日)は宝塚歌劇団101期生の男役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考えた〔3〕。
愛称は本名から「ちさと」。
身長は171㎝。
出身地は京都府宇治市。出身校は京都府立莵道高等学校。

趣味は映画鑑賞〔3〕。
特技はデジタルイラスト〔3〕。
集めている品は牛柄のグッズ〔3〕。
好きな花はアネモネ〔3〕。
好きな色は赤(鮮やかな)〔3〕。
好きな食べ物はごま、チーズ〔3〕。

宝塚時代

目標は大きなオーラをまとい、舞台のどこにいても見つけてもらえるような存在〔2〕。
目標にしているタカラジェンヌは瀬奈じゅん〔2〕。
演じてみたい役はロミオ〔3〕。

2013年に宝塚音楽学校に入学。

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、雪組に配属される。

ラインダンス稽古場披露でのインタビューには、「一ヶ月間の練習で大変なこともありましたが、諦めずに第101期生全員で乗り越えてまいりました。今日はみんなの空気を感じ、明るく元気に頑張りました。」と答えた〔1〕。

2016年に「るろうに剣心」の新人公演で四乃森蒼紫役、「私立探偵ケイレブ・ハント」の新人公演でカズノ・ハマー役を務める。
2017年に「幕末太陽傳」の繰り上げ代役で倉造息子清七役、新人公演で高杉晋作役、「ひかりふる路」の新人公演でフィリップ・ル・バ役を務める。

情報ソース

1、ラインダンス稽古場披露
2、「宝塚101期生40人が卒業 4月初舞台」 日刊スポーツ
3、宝塚おとめ 2015年度版~