花宮沙羅


花宮沙羅(はなみやさら、2月6日)は宝塚歌劇団102期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は母親と一緒に考えた〔6〕。
愛称は芸名から「さら」。
身長は161cm。
出身地は埼玉県川越市。出身校は日本音楽高等学校(卒業)。

趣味はアクセサリー集め〔6〕。
集めている品はアクセサリー、「ANNASUI」の物〔6〕。
好きな花は胡蝶蘭、牡丹〔6〕。
好きな色はオペラモーヴ、ショッキングピンク〔6〕。
好きな食べ物はチョコレート、紫色ソフトクリーム、ケーキ、ヨーグルト、アイスクリーム〔6〕。
憧れのタカラジェンヌは花總まり〔3〕。

宝塚時代

目標は立派な舞台人、舞台で目立てるタカラジェンヌ〔1・2〕。
好きな事は踊り〔2〕。
演じてみたい役は色々な役〔6〕。

2014年に宝塚音楽学校に入学。
入学式では、「これから大変だと思うけど、同期と一緒に乗り越えて行ってねと本科生に言っていただきました。」「たくさんのスターが着てきた制服を着ることができてうれしい。踊ることが大好きなので、舞台で目立てるタカラジェンヌになりたい」と話した〔2・3〕。

2016年に宝塚音楽学校の卒業式で校長賞を受賞。
宝塚歌劇団に102期生として入団し、星組公演「こうもり/THE ENTERTAINER!」で初舞台を踏み、宙組に配属される。

宝塚音楽学校での思い出は文化祭〔4〕。
文化祭では「立派な舞台人となるよう精進します」と話した〔1〕。

ラインダンス稽古場披露でのインタビューには、「緊張や不安でとてもいっぱいだったのですが、星組生の方が温かく拍手をして下さり、とても嬉しく思いました。これから同期でやる最初で最後のラインダンス、最初から最後までキラキラの笑顔で頑張っていきたいと思います。」と答えた〔5〕。

情報ソース

1、「102期生39人、集大成の文化祭 3月1日卒業」 朝日新聞
2、「清く正しく立派な舞台人に 宝塚音楽学校で入学式」 スポニチアネックス
3、入学式インタビュー
4、「笑顔で卒業!「第102期生宝塚音楽学校卒業式」リポート」 エフエム宝塚
5、初舞台生ラインダンス稽古場披露
6、宝塚おとめ 2016年度版~