初姫さあや

初姫さあや(はつひめ さあや、10月30日)は宝塚歌劇団87期生の娘役タカラジェンヌ。

愛称は芸名から「さーや」。

身長は160cm。

出身地は東京都新宿区。出身校は川村学園。

宝塚時代

1999年に宝塚音楽学校に入学。

2001年に宝塚歌劇団の87期生として入団し、宙組公演「ベルサイユのばら2001~フェルゼンとマリー・アントワネット編~」で初舞台を踏み、花組に配属される。

2002年にテレビドラマ「愛と青春の宝塚」に生徒役として出演。

2010年に「EXCITER!!」で絵莉千晶の代役としてエトワール、『「メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/ラブ・シンフォニー』でエトワールを務め、「Tribute to STUDIO GIBRI」で「いつも何度でも」と「となりのトトロ」をカバーした。

2011年に「ファントム」でエトワールを務め、TAKARAZUKA SKY STAGEの第4期スカイ・レポーターズに就任。

2013年に「オーシャンズ11」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

入団前

子供の頃から祖母と宝塚歌劇を観劇してファンになり、宝塚受験を決意し、高校1年修了時に受験に合格した。

 

主演・エトワール

・エトワール3回

ファントム

「メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/ラブ・シンフォニー』

「EXCITER!!」(代役・初エトワール)

 

関連ページ

トップスターの同期生:龍真咲早霧せいな

所属:87期生花組

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。