涼花リサ

涼花リサ(すずはな リサ、7月26日)は宝塚歌劇団86期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名の由来は本名から。愛称は本名と芸名から「りーちゃん、リサ」。

身長は163cm。血液型はA型。

出身地は東京都八王子市。出身校は東京都立南多摩高等学校。

宝塚時代

透き通る白い肌のタカラジェンヌとして活躍〔1〕。

役にのめり込むタイプなので、普段から役のような声になる〔1〕。

 

1998年に宝塚音楽学校に入学。

2000年に宝塚歌劇団の86期生として入団し、花組公演「あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」で初舞台を踏み、雪組に配属される。

2002年に「殉情」でユリコ役を務める。

2003年にTAKARAZUKA SKY STAGEの第2期スカイフェアリーズに就任。

2004年に「さすらいの果てに」でバウホール公演初ヒロインを務める。

 

2007年に「星影の人-沖田総司・まぼろしの青春-」で明里役を務める。

「星影の人」では、カツラが大きいので泣くシーンで取れないように気を付けた〔1〕。

 

2012年に「ドン・カルロス/Shining Rhythm!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

入団前

「東京パフォーマンスドール」に7期研修生として在籍。

中学生の頃にミュージカルに出演〔1〕。

宝塚ファンの母親と伯母の影響で小さい頃から宝塚歌劇を観劇していた〔1〕。

小さい頃から観劇していたので、舞台にかかわる仕事をしたいと思い、宝塚受験を決意した〔1〕。

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回

「さすらいの果てに」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:凰稀かなめ

トップ娘役の同期生:陽月華

所属:86期生雪組

情報ソース

1、『GO!GO!宝塚 役に入りすぎて自分でも困る/涼花リサ』 日刊スポーツ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。