十碧れいや

十碧れいや(とあれいや、4月14日)は宝塚歌劇団93期生の男役タカラジェンヌ。
芸名は周囲と相談し、好きな漢字から「碧」の字を入れ、「赤ちゃんの名前辞典」から名付けられた〔1・10〕。
愛称は「ポコちゃん」、本名から「れな」、芸名から「れいや」。
「ポコちゃん」は「不二家」の「ポコちゃん」に似ている事から名付けられた〔1〕。
身長は175cm。血液型はB型。
天然でマイペースな明るい性格で、不器用なのでコツコツやらないと自信が持てないタイプの文化系。のんびり屋だがやりたいと思ったら突き進む〔2・4・5・6・7・9〕。
出身地は愛知県名古屋市。出身校は熱田高校(1年修了)。

趣味はボーっとする事、映画鑑賞〔10〕。
好きな花はバラ〔10〕。
好きな色は白、紫、スカイブルー、淡い紫〔10〕。
好きな食べ物は和菓子、フィナンシェ、ミルクプリン、マカロン、和食、杏仁豆腐、苺、ドライフルーツ(「ファーイーストバザール」の白いちじくとくるみ)〔10〕。
好きな飲み物は「ポピー」の苺ジュース〔10〕。

気分転換は散歩〔6〕。
憧れのタカラジェンヌは姿月あさと、和央ようか〔4〕。

宝塚受験生へのアドバイスは、「宝塚が好き」という気持ちと「どういう事をやりたいか」という夢を持つ事〔2〕。

宝塚時代

ダンス力が高く優しい顔立ちのタカラジェンヌとして活躍〔2・8〕。
目標はミランダ・カーのように品の良い、中性的な夢の世界の男役〔4・8・9〕。

好きだった役は「怪盗楚留香外伝」中日劇場・台湾公演の倚剣、「眠らない男・ナポレオン」のイポリット、今迄に演じた全ての役〔10〕。
演じてみたい役は色々な役、「ME AND MY GIRL」のビル〔10〕。

役作りのために映画や舞台を見に行く〔9〕。
香取慎吾や山本耕史からは自然とにじみ出る格好良さを学んだ〔9〕。

2005年に宝塚音楽学校に入学。
2007年に宝塚歌劇団の93期生として入団し、星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台を踏み、星組に配属される。
2011年にアシックス社「BC WALKER」のCMに出演。
2012年に「めぐり会いは再び 2nd」で新人公演初主演を務める。

2014年に「アルカサル」で麻央侑希とのダブル主演で宝塚バウホール公演初主演を務める。
「眠らない男・ナポレオン」では、2枚目役は初めてなので役作りに苦労したが、人間味を強調するようにしたので評価された〔8〕。

「太陽王」では柚希礼音の目力に押し潰されそうになったが、対等に渡り合う事で評価された〔8〕。

「アルカサル」の役作りでは、役が決まる前に原作の漫画を読み、柚希礼音の目の使い方から悪役の型を研究し、普段から麻央侑希を妬むようにしていた〔4・6・7・9〕。
上級生からは役作りのための嫉妬心が無いので「どうするの?」と言われた〔5〕。

2016年に「宝塚巴里祭2016」に出演し、「桜華に舞え」で大山巌役を務める。
2017年に「THE SCARLET PIMPERNEL」でオジー役を務め、6月8日に「ドリームジャンボ宝くじ・ドリームジャンボミニ1億円抽せん会」に出演。「ベルリン、わが愛」でフリッツ・ラング/ギルベルト・シュヴァルツ役を務める。
2018年に「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

入団前

将来の夢はバレリーナだった〔2・3〕。
幼稚園の時からクラシックバレエ、高校1年生の時から宝塚受験のために声楽を1年間習っていたが、スポーツはしていなかった〔2・3・9〕。

宝塚ファン時代は宙組公演をよく観劇していた〔4〕。
高校1年生の時に叔母と宙組公演「ファントム」を観劇〔2・3〕。
「ファントム」を観劇して宝塚受験を決意し、初めての受験で合格した〔2・3・9〕。

2004年に宙組公演「ファントム」を観劇。宝塚歌劇初観劇となる〔2・3〕。

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回
「アルカサル」(初主演)

・新人公演1回
「めぐり会いは再び 2nd」(初主演)

情報ソース

1、RISING STAR GUIDE 2013
2、「フェアリーインタビュー 星組 十碧 れいや」 ウィズたからづか 2012年12月号
3、「プレシャス!宝塚 ツンデレ王子/十碧れいや」 日刊スポーツ
4、『十碧れいや、妬んでひがんで壁破る…「アルカサル~王城~」』 スポーツ報知
5、『十碧れいや、麻央侑希ダブル主演に闘志燃やす…「アルカサル~王城~」』 スポーツ報知
6、『“ねたみ心”育む努力!? 宝塚星組・十碧&麻央「アルカサル~王城~」開幕 バウホール』 産経ニュース
7、「体育会系VS文化系」 毎日新聞
8、『星組・十碧れいや、中性的な夢の世界の男役求めたい』 zakzak
9、『プレシャス!宝塚 “悪役”で殻破りたい/十碧れいや』 日刊スポーツ
10、宝塚おとめ 2007年度版~

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。