稀鳥まりや

稀鳥まりや(きとりまりや、8月11日)は宝塚歌劇団91期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は本名とバレエの「ドン・キホーテ」から名付けられた〔3〕。
愛称は学生時代の留学先から「モナコ」、本名と芸名から「まりや」。
身長は157㎝。
出身地は東京都港区。出身校は聖心インターナショナル・スクール。
母親は宝塚ファン〔2〕。

趣味はバレエ鑑賞、乗馬〔3〕。

特技は英・西・仏語、フラメンコ〔3〕。
4カ国語(日本語、英語、スペイン語、フランス語)を話せる〔2〕。
スペイン語はペラペラ〔2〕。

集めている品はアクセサリー、「Barbie」の物〔3〕。
好きな花は真紅のバラ、ミモザ〔3〕。
好きな色はピンク、白、赤〔3〕。
好きな食べ物は果物、タルト〔3〕。

宝塚時代

高音の歌声が持ち味の舞台度胸があるタカラジェンヌとして活躍〔2〕。
演じてみたい役は「ME AND MY GIRL」のサリー、子供時代のオスカル〔3〕。

身長が低いので演技で大きく見せるようにした〔2〕。

2003年に宝塚音楽学校に入学。
2005年に宝塚歌劇団に91期生として入団し、花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で初舞台を踏み、星組に配属される。

2007年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第6期スカイ・フェアリーズに就任し、「エル・アルコン」で新人公演初ヒロインを務める。
「エル・アルコン」の新人公演では、スペイン語がペラペラなので初主演でも緊張せずに演じる事ができた〔2〕。

2010年に「le sac des TAKARASIENNES」でプロデュースメンバー、「ハプスブルクの宝剣」でオルガ役を務める。

2012年に「ダンサ セレナータ/Celebrity-セレブリティ-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。
宝塚歌劇団で学んだ事は心から舞台を楽しむ事〔1〕。

退団後

女優、「まりやバレエスタジオ」の講師として活動。
退団後はオーストラリアでバレエ講師を務め、帰国後に六本木バレエ教室「まりやバレエスタジオ」を開設。

2014年に「CHICAGO TAKARAZUKA 100th Anniversary version」が退団後初舞台となる。
2016年に「CHICAGO 宝塚歌劇OGバージョン」に出演し、NHK系「宝塚トップスター大集合」でリポーター&インタビュアーを務める。

入団前

3歳から11歳までスペイン・バルセロナに住んでいた〔1・2〕。
幼少の頃からバレエ、ジャズ、フラメンコを習い、14歳からバレリーナに憧れ2年間「王立グレースバレエアカデミー」に留学していた〔1・2〕。
母親が宝塚ファンだった影響で宝塚に憧れ、宝塚受験を決意した〔2〕。

2001年にモナコ公国の「王立グレースバレエアカデミー」に留学〔1・2〕。

主演・エトワール

・新人公演1回
「エル・アルコン」(初ヒロイン)

情報ソース

1、「稀鳥まりやプロフィール」 まりやバレエスタジオ
2、「プレシャス!宝塚 才媛は舞台度胸も満点/稀鳥まりや」 日刊スポーツ
3、宝塚おとめ 2005年度版~

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。