春咲ころん(塩月綾香)

春咲ころん(はるさきころん、1月8日)は宝塚歌劇団91期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は「春先の花の香りのイメージ」から名付けられた〔1〕。
愛称は本名から「おしお」、芸名から「ころん」。
身長は158cm。
出身地は東京都西東京市。出身校は大妻中学。
所属事務所はACT JPプロデュース。

趣味は読書〔1〕。
特技は器械体操〔1〕。
集めている品は「L’EST ROSE」の物、アクセサリー〔1〕。
好きな花は鈴蘭〔1〕。
好きな色は白、ピンク〔1〕。
好きな食べ物はグラタン、たこ焼き、チーズ〔1〕。

好きな物は愛媛県の自然〔2〕。

地元では「愛媛っていいところでしょ」とよく言われる〔2〕。

宝塚時代

演じてみたい役は「誰がために鐘は鳴る」のマリア〔1〕。

2003年に宝塚音楽学校に入学。
2005年に宝塚歌劇団に91期生として入団し、花組公演「マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー」で初舞台を踏み、月組に配属される。
2007年にミュージカル「Sylphy」で外部公演主演を務める。
2008年に「グレート・ギャツビー」日生劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

退団後

女優・塩月綾香(しおつき あやか)として活動。

吉田葵は素敵な女優なので引っ張られる〔2〕。

2012年に「桃太郎外伝」に出演。

2014年に「鶴姫伝説」で主演を務め、12月8日に今治市長を訪問。
「鶴姫伝説」では初演をDVDで見て一目惚れし、オーディションに臨んだ〔2〕。
オーディションに合格した時は嬉しかったがプレッシャーも感じ、「道後湯の里」の千秋楽を見た時に引き継げるのか不安になったが、鶴姫が龍神様と出会った時と同じ思いになったので、勇気が湧き不安が無くなった〔2〕。
役作りでは舞台の今治市大三島を訪問し役を深めた〔2〕。
難しかった所は龍神様との出会いのシーンでリアル感を出す事、篠笛の演奏〔2〕。
好きなシーンはカモメと「翼」を歌うシーン〔2〕。
見て欲しい所は鶴姫の成長〔2〕。
鶴姫の魅力は自分を貫く姿〔2〕。

2015年に「鶴姫伝説」で主演を務め、「三島水軍鶴姫まつり」に出演。
2017年に「ACT JPプロデュース」に所属。

入団前

2002年に市民ミュージカル「パーフェクトファミリー!?」に出演。

主演・エトワール

・外部出演1回
「Sylphy」

情報ソース

1、宝塚おとめ 2005年度版~
2、「東温で再演中「瀬戸内のジャンヌ・ダルク」 主演の塩月 大山祇神社で覚悟 私なりの鶴姫演じる」 愛媛新聞

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。