真彩希帆


真彩希帆(まあやきほ、7月7日)は宝塚歌劇団98期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は尊敬する人から一字貰い、家族と考えた〔5〕。
愛称は本名から「なつこ、なっちゃん」、芸名から「まあや、きほ、きいちゃん(きーちゃん)」。
身長は164㎝。血液型はA型。
出身地は埼玉県蕨市。出身校は関東国際高校。

趣味は空想、芸術鑑賞、読書、カフェ巡り〔5〕。
集めている品はアクセサリー(イヤリング)、可愛い小物、ふわふわした物(ぬいぐるみ)〔5〕。
好きな花は睡蓮、乙女椿〔5〕。
好きな色はパステルカラー、ローズピンク〔5〕。
好きな食べ物はさっぱりした物、「CoCo」のパニーニ、果物〔5〕。
好きな飲み物は「CoCo」のラテ〔5〕。

宝塚時代

歌唱力の高いタカラジェンヌとして活躍〔1・2・3〕。
目標は役の人物として舞台で生きられる娘役〔1〕
好きだった役は「ガイズ&ドールズ」新人公演のアデレイド〔5〕。
演じてみたい役は様々な役〔5〕。

2010年に宝塚音楽学校に入学。
2012年に宝塚歌劇団に98期生として入団し、宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台を踏む。

2013年に花組に配属され、「愛と革命の詩/Mr. Swing!」の本公演と新人公演でソロを務め、明日海りおディナーショー「ASUMIC ADVANCE」に出演し、「ロミオとジュリエット」の「AIMER」を明日海りおとデュエットした。
「ASUMIC ADVANCE」では、明日海りおから相手の事を感じて歌うことを学んだ〔1〕。

2014年に星組へ組替え。

2015年に「ガイズ&ドールズ」の新人公演でアデレイド役を務める。
「黒豹の如く」では、妃海風に「真似をするより自分なりにやった方が良い」とアドバイスされた〔1〕。
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」では、紅ゆずるに「勘がいいから思い切り演じることができる」と言われた〔1〕。

2016年に「鈴蘭」で宝塚バウホール公演初ヒロイン、「こうもり」で新人公演初ヒロイン、「桜華に舞え」の新人公演で竹下ヒサ役を務める。
「こうもり」の新人公演の自己評価は、言葉の聞き取りやすさと表現力が足りないので70点〔2・3・4〕。

2017年に「燃ゆる風」で宝塚バウホール公演ヒロインを務め、1月24日に雪組へ組替え。「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」で女中おひさ役と初エトワールを務める。

雪組トップ時代

2017年に雪組トップ娘役に就任。「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」が新トッププレお披露目公演、「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」が宝塚大劇場新トップお披露目公演となる。

入団前

受験生の頃に「ガイズ&ドールズ」のDVDを鑑賞〔1〕。

主演・エトワール

・雪組トップ時代
「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」(宝塚大劇場新トップお披露目公演)
「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」(新トッププレお披露目公演)

・全国ツアー公演1回
「琥珀色の雨にぬれて/“D”ramatic S!」

・宝塚バウホール公演2回
「燃ゆる風」
「鈴蘭」(初ヒロイン)

・新人公演1回
「こうもり」(初ヒロイン)

・エトワール1回
「幕末太陽傳/Dramatic “S”!」(初エトワール)

情報ソース

1、「フェアリーインタビュー 星組 真彩希帆」 ウィズたからづか
2、「宝塚星組 紫藤りゅうが初の新公主役、自己採点は「70点ぐらい」」 スポニチアネックス
3、「紫藤りゅう初主演「楽しんでできた」星組新人公演」 日刊スポーツ
4、「宝塚星組・紫藤りゅう初センター体験に声震わせ「愛をくださるみなさまのおかげ」」 スポーツ報知
5、宝塚おとめ 2012年度版~