音月桂

音月桂(おとづきけい、6月19日)は宝塚歌劇団84期生の男役タカラジェンヌ。
芸名はタカラジェンヌで恩師の文月玲から一字貰った。
愛称は本名から「キム」、芸名から「KEI(ケイ)」。
身長は167㎝→166cm。血液型はO型。
健康オタク〔1〕。
出身地は埼玉県鴻巣市、出身校は鴻巣市立鴻巣中学校。
所属事務所はLDH。

趣味は海外旅行〔2〕。
健康法は食事〔1〕。

宝塚時代

演技力と歌唱力とダンス力の三拍子揃った実力派で、フェアリータイプのタカラジェンヌとして活躍〔1・2・3〕。
「エリザベート」のルキーニ役に憧れていた〔1〕。

1996年に宝塚音楽学校に入学。
1998年に宝塚歌劇団の84期生として入団し、宙組公演「エクスカリバー/シトラスの風」で初舞台を踏む。
1999年に雪組に配属され、ベルリン公演に参加。
2001年に「猛き黄金の国」で新人公演初主演を務める。
2002年に「ホップ・スコッチ」で立樹遥、壮一帆とのトリプル主演でバウホール公演初主演を務める。
2003年に「春麗の淡き光に」と「Romance de Paris」で新人公演主演、「恋天狗」でバウホール(バウ・ワークショップ)公演主演を務める。
2004年に「スサノオ」と「青い鳥を捜して」で新人公演主演を務める。
2005年に「さすらいの果てに」でバウホール(バウ・ワークショップ)公演主演を務める。
2006年に「やらずの雨」でバウホール公演単独初主演を務める。
2007年に「ノン ノン シュガー!!」でバウホール公演主演、「エリザベート」でルキーニ役、世界陸上のユニット「AQUA5」の選抜メンバーを務め、「三井住友VISAカード」のイメージキャラクターに就任。
2008年に「ミロワール」で初エトワール、「外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-」と「ソロモンの指輪/マリポーサの花」でエトワールを務める。
2009年に「忘れ雪」でバウホール・日本青年館公演主演、「風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア」でエトワールを務め、旅番組「TAKARAZUKA 旅美写美」でオープニング曲「奇蹟」を担当。
2010年に雪組トップスターに就任。「はじめて愛した」がトップお披露目公演、「ロミオとジュリエット」が宝塚大劇場トップお披露目公演となる。
2012年に「JIN -仁/GOLD SPARK!-一瞬を永遠に-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

退団後

2013年に女優として「LDH」に所属。
2014年に「ブラックメリーポピンズ」で主演を務める。

入団前

日本文化を大切にするように育てられた〔2〕。
幼少期に引っ越すまでバレエを習っていた。中学生のときから「文月玲バレエスタジオ」に通い、バレエ仲間と宝塚歌劇を初観劇。中学校卒業時に初めての宝塚受験で合格した。
宝塚受験の際には母親にゲン担ぎのトンカツを作ってもらった〔2〕。

主演・エトワール

・トップ時代
「JIN-仁-/GOLD SPARK!」(退団公演)
「フットルース」
「ドン・カルロス/Shining Rhythm!」
「Samourai」
「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」(宝塚大劇場トップコンビお披露目公演)
『ハウ・トゥー・サクシード』
『黒い瞳/ロック・オン!』(トップコンビお披露目公演)
「ロミオとジュリエット」(宝塚大劇場トップお披露目公演)
「はじめて愛した」(トップお披露目公演)

・全国ツアー公演
『黒い瞳/ロック・オン!』

・梅田芸術劇場メインホール公演
「フットルース」
『ハウ・トゥー・サクシード』

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演
「Samourai」
「はじめて愛した」

・博多座公演
「フットルース」

・日本青年館大ホール公演
「Samourai」
「忘れ雪」
「はじめて愛した」

・新人公演5回
「猛き黄金の国」(初主演)
「春麗の淡き光に」
「Romance de Paris」
「スサノオ」
「青い鳥を捜して」

・宝塚バウホール公演6回
「ホップ・スコッチ」(初主演)
「恋天狗」
「さすらいの果てに」
「やらずの雨」(単独初主演)
「ノン ノン シュガー!!」
「忘れ雪」

・エトワール4回
「ミロワール」(初エトワール)
「外伝 ベルサイユのばら -ジェローデル編-」
「ソロモンの指輪/マリポーサの花」
「風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア」

情報ソース

1、「宝塚歌劇団プロジェクト 音月桂さんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組
2、「宝塚歌劇団プロジェクト 音月桂さんインタビュー<後編>」 ゴーゴーご組
3、「GO!GO!宝塚 2年ぶり主演 宝塚雪組・音月桂」 日刊スポーツ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。