ひなたの花梨(四方花林)

ひなたの花梨(ひなたのかりん、1月10日)は宝塚歌劇団94期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は本名から知人に名付けられた〔1〕。
愛称は芸名から「ひなたん」、本名と芸名から「りんこ、かりん(カリン)、かりんこりん」。
身長は159cm。
負けず嫌いで、やりたい事を見つけるとすぐに進んでしまう性格〔3〕。
出身地は兵庫県神戸市東灘区。出身校は神戸海星女子学院高校(1年修了)。

趣味は読書、海外のアートに触れる事、HIPHOP、フラワーアレンジメント〔1〕。
特技は油彩画〔1〕。
集めている品はくまグッズ(リラックマ)、ピアス、アロマオイル〔1〕。
好きな花はタンポポ、チューリップ〔1〕。
好きな色はピンク(桜色)、山吹色、オレンジ色〔1〕。
好きな食べ物はマカロン、苺、魚〔1〕。
好きな飲み物はコーヒー〔1〕。

好きな事は人に思いを伝える事、歌う事、踊る事〔4・5〕。
好きな場所はロンドン〔2〕。
行ってみたい国はフランス〔4〕。
友達は12カ国の人〔4〕。

宝塚時代

苦手な事は踊り、歌〔3〕。
好きだった役は「ノバ・ボサ・ノバ」の老紳士〔1・3〕。
演じてみたい役は色々な役〔1〕。

宝塚歌劇団は素晴らしい所で、根性と努力し続ける大切さを学んだ〔3・5〕。

2006年に宝塚音楽学校に入学。

2008年に宝塚歌劇団に94期生として入団し、月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏み、星組に配属される。
「ME AND MY GIRL」は衣装が可愛かったので嬉しかった〔3〕。

2011年頃から「宝塚歌劇団のポスターを自分で撮ってみたい」と思うようになり、知人の写真家の写真鑑賞や写真撮影をするようになった〔3〕。

2012年に「ダンサ・セレナータ/Celebrity−」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。
退団公演のきゃりーぱみゅぱみゅのような髪形のアイデアは自分からも出した〔4〕。

退団理由

宝塚時代は嫌ではなく、歌や踊りが好きなので楽しかったが、2011年頃のポスター撮影の時に「自分だったらこう撮りたい」という気持ちが強くなり、写真を撮りたくなって新たな世界に挑みたかったので、性格の問題で「やりたい事があるなら宝塚を辞めてもいい」と思い、ためらいもなく退団した〔3・5〕。
一番楽しかった思い出は、「ノバ・ボサ・ノバ」で娘役なのにハゲのおじちゃん役を演じた事〔3〕。

退団後

女優、インスタグラマー、アーティスト、写真家・四方花林として活動。
目標は宝塚歌劇や自分のファンに恩返しをするために、退団後3年以内に写真家として有名になる事。見た目ではなく伝えたい事を分かってもらえる写真を撮る事。宝塚歌劇や映画のポスターの撮影を手掛ける事。写真の枠を超え、多彩なアート作品を手掛ける芸術家〔3・4・5〕。
こだわりはフィルム撮影〔5〕。

写真家に転身した事で色んな世界が広がった〔4〕。
4歳から油絵をやっていたので、以前からアートに興味があった〔3・5〕。
最初の頃は日本で活動していたので、「元タカラジェンヌでコネクションがあって、ちやほやされていいよね」と言われる事が多く嫌だったが、ロンドンでは「タカラジェンヌ」の肩書きを気にされる事が無かったので居心地が良く、自分を認められた気がして帰国後に何を言われても気にならなくなった〔4〕。
フィルム撮影は「フィルムでないと出せない色」と「現像した時の予期せぬ発見」が魅力的なのでこだわっている〔5〕。

Yukikaとはロンドンで偶然出会い、コラボレーションを希望していた〔2〕。

2012年9月に大阪市内の専門学校へ進学。
2013年に写真家デビュー。個展「カリンセカイ」を開催。

2014年1月~7月までロンドンの美術大学に留学してデザイン、広告、キャッチコピー等を学び、個展「I’ll be a Superstar & come to get you by Vespa!!」「銀座で旅するLONDON」「おりがみ でいどりーみんぐ」「京都に恋した、、、旅のはじまり。」を開催。
「京都に恋した、、、旅のはじまり。」は、11月に1日かけて日本や京都の良さを撮影した〔4〕。

2015年に個展「Tokyo Cinderella Dolls」「KiRA KiRA PHOTO EXHIBITION」「ロンドン★ロンドン」を開催し、写真展「れもんらいふ展」に出演。写真集「KiRA KiRA」を発売。「SHARED TERRACE」が退団後初舞台となる。
2015年の目標は個展を開催して海外へ発信し、文化交流する事〔4〕。

「Tokyo Cinderella Dolls」のテーマは「2人のバービー人形が1日魔法にかかり、東京で行ってみたい場所を旅する」〔4〕。

「ロンドン★ロンドン」は「ロンドンにワープした気分」になる様にロンドンを詰め込んだ〔2〕。

「KiRA KiRA」のテーマは「ロンドン留学時代に感じた街のカラフルさ」〔2〕。

2016年に「FLOWERS BY NAKED」の「日本一早いお花見新春女子会」でアーティストと「Instagramフォトコンテスト」の審査員を務め、アートイベント「オオサカカラフルケイカク」を開催しプロデューサーを務める。
個展「Zekkei Trip」「I R O I R O」「MORGEN MORGEN」「TOKIO ALIENS」を開催。
写真展「香月 presents ”LOVE”」「Prinzipiell gerne, aber jetzt passt es mir gerade gar nicht.」に出演。
ドイツのベルリンに移住。「ヤングクリエイターズアワード2016」で「坂上義太郎審査員賞」を受賞。

入団前

4歳から油絵をやっていた〔3〕。
バレエを習っていたが、宝塚受験を決意するまでは真剣にやっていなかった〔3〕。

宝塚歌劇は化粧が濃いのが怖くて観劇する事をためらっていたが、中学2年生の時に初観劇〔3〕。

宝塚歌劇を初観劇した時に「素敵」と思い、「私はここに入るんだ」と感じたので宝塚受験を決意し、中学卒業時の初受験では一次試験で不合格になり、高校1年修了時に2度目の受験で合格した〔3〕。
宝塚受験では歌を習っていなかったので、譜面を読む勉強から始めた〔3〕。
最終面接では独特な話し方で面接官を笑わせた〔3〕。
合格できた理由は、個性的で正統派ではないから〔3〕。

情報ソース

1、宝塚おとめ 2008年度版~
2、「ロンドンにワープした気分になれる!四方花林プロデュース「ロンドン★ロンドン」を阪神梅田本店で開催します」 産経ニュース
3、「星組でサザエさん波平を…ジェンヌから撮る側に 写真家「かりん」さん」 産経ニュース
4、「英国留学…誰も知らない「私」に満足 元タカラジェンヌの写真家「かりん」さん」 産経ニュース
5、「歌劇から写真家へ転身 元宝塚女優、神戸出身の四方花林さん」 神戸新聞

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。