月野姫花(藤岡沙也香)

月野姫花(つきのひめか、6月9日)は宝塚歌劇団92期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考えた〔3〕。
愛称は芸名から「姫花(ひめか)」。
身長は162cm→161㎝。血液型はO型。
真面目な性格で姉御肌〔1・2〕。
人見知りなツンデレ〔4〕。
出身地は茨城県。出身校は潮来市立日の出中学。
所属事務所はLIBERA。

趣味は舞台・映画鑑賞、ショッピング、花組の同期と集う事(ディベート)、アボカドパーティー〔3〕。
集めている品はアクセサリー、香水〔3〕。
好きな花はバラ〔3〕。
好きな色は紫(薄紫)、白〔3〕。
好きな食べ物は洋菓子(キャラメル味、マロン味)、ハヤシライス、プリン、オムライス、ケーキ、「萬春」の全て、アボカド〔3〕。
好きな飲み物はミルクティー〔3〕。

好きなアーティストは東方神起〔1〕。

カラオケで歌うのはEXILE、西野カナ〔1〕。
ハスキーボイスなので酒豪と間違われる〔1〕。

宝塚時代

ハスキーボイスの可愛いタカラジェンヌとして活躍〔1〕。
好きだった役は「太王四神記」のキハ(少女)、「BUND/NEON 上海」のシンシア・フレミング〔3〕。
演じてみたい役は色々な役〔3〕。

ハスキーボイスだったので娘役の高めの声を求められて苦労した〔1〕。

汐月しゅうとは挨拶をする程度の仲だった〔5〕。

2004年に宝塚音楽学校に入学。
2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団し、宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台を踏み、花組に配属される。

2008年に「蒼いくちづけ」で宝塚バウホール公演初ヒロインを務め、「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第7期スカイ・フェアリーズに就任。
「蒼いくちづけ」で初ヒロインに決まった時は、実感がわかなくて実家に帰省した時も台本ばかり見ていた〔2〕。

2011年に「ファントム」で華耀きらりの代役でソレリ役を務める。
2012年に「復活/カノン」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

退団後

女優・藤岡沙也香として活動。
オフでは嘘みたいなツンデレ〔4〕。

汐月しゅうとは「美少女戦士セーラームーン」で共演してから仲良くなった〔5〕。
オフではポワポワしている〔4〕。
計画を立てる事が上手く、調べ物が早い〔4〕。

2012年に女優として「LIBERA」に所属し、「サクラ大戦奏組」で秋奈役を務める。
2013年に「DREAM, A DREAM」を怪我のため降板。芸名を藤岡沙也香に改名し、「ドクターX」から新芸名で活動。

2015年に「美少女戦士セーラームーン-Un Nouveau Voyage-」でセーラーネプチューン/海王みちる役を務める。
「美少女戦士セーラームーン」では、オーディションの受験者を知らなかった時に新宿で見かけていた汐月しゅうと一緒に合格したので驚いた〔5〕。
海王みちるは芯が強く気品ある女性〔4〕。

2016年に「美少女戦士セーラームーン-Amour Eternal-」でセーラーネプチューン/海王みちる役、「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」で斉川菊乃役を務める。
「LINE LIVE」では出演者達が人見知りだとは気付かなかったので、「ちょっと機嫌が悪いのかな」と思っていた〔4〕。

「美少女戦士セーラームーン」では、高橋果鈴がずっと笑っているので「ずっと笑ってるけど、何が楽しいの?」と聞いたら、「初めての芝居なので何をやっても楽しい」と言われたので納得した〔4〕。

2017年に「英雄伝説 閃の軌跡」でシャロン・クルーガー役、「美少女戦士セーラームーン-Amour Eternal-」でセーラーネプチューン/海王みちる役を務める。

入団前

母親と衛星放送で宝塚歌劇を鑑賞していた〔2〕。
小学校1年生の時からバレエを習い、宝塚受験を決意してから東京都内の受験スクールに通っていた〔2〕。
バレエが好きで宝塚に憧れていたので、進路を考えた時にパソコンで宝塚受験の事を調べ、宝塚受験スクールに通うようになり、中学校卒業時に初めての受験で合格した〔2〕。

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回
「蒼いくちづけ」(初ヒロイン)

情報ソース

1、「元宝塚の娘役・月野姫花が女優デビュー」 日刊スポーツ
2、「プレシャス!宝塚 自信を楽しみに変えたい/月野姫花」 日刊スポーツ
3、宝塚おとめ 2006年度版~
4、「汐月しゅう×藤岡沙也香×石井美絵子×高橋果鈴、“外部太陽系セーラー4戦士”は「人見知り」?」 エキサイトニュース
5、「汐月しゅう&藤岡沙也香、“セラミュー”ウラヌスとネプチューンは「ハマっている」」 エキサイトニュース

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。