七帆ひかる

七帆ひかる(ななほ ひかる、11月18日)は宝塚歌劇団85期生の男役タカラジェンヌ。

愛称は「えりこ」、芸名から「ななっぺ」。

身長は175cm。

出身地は茨城県日立市。出身校は日高中学校。

宝塚時代

1997年に宝塚音楽学校に入学。

1999年に宝塚歌劇団の85期生として入団し、雪組公演「再会/ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏み、宙組に配属される。

2004年に「ファントム」で新人公演初主演を務める。

2005年に「ホテル ステラマリス」で新人公演主演を務める。

2006年に「UNDER STUDY」でバウホール公演初主演を務める。

2007年に「バレンシアの熱い花」を体調不良のため一時休演し東京公演初日に復帰。

2009年に「薔薇に降る雨/Amour それは…」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優として活動。

 

2011年に結婚。

 

入団前

幼稚園の頃からバレエを習い、宝塚受験を決めてから宝塚受験支援スタジオに月1回通っていた。

中学2年生になり背が伸びてバレエを続けるか迷っていた時に、テレビで「TAKARAZUKA・オーレ!」を見て宝塚歌劇に出会い、母親に宝塚音楽学校の本を渡されて宝塚受験を決意し、中学校卒業後に初めての受験で合格した。

 

主演・エトワール

・新人公演2回

「ファントム」(初主演)

「ホテル ステラマリス」

 

・バウホール公演1回

「UNDER STUDY」(初主演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:柚希礼音

トップ娘役の同期生:映美くらら

所属:85期生宙組

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。