妃海風

妃海風(ひなみふう、4月12日)は宝塚歌劇団95期生の娘役タカラジェンヌ。
芸名は家族で考え、明石海峡を渡る船上で潮風を受けている時に虹を見た事から名付けられた〔15・27〕。
愛称は「セブ(子)」、本名から「ゆうか」、芸名から「風ちゃん、ふーちゃん」。
身長は164cm。血液型はB型。靴のサイズは24.0㎝。
前向きな明るい性格の努力家でバタバタするタイプ。苦しい稽古に耐えて自分をバッサバッサに斬る武士〔3・5・6・8・14・19・23〕
出身地は大阪府吹田市。出身校は北千里高校(2年修了)。
古里自慢は太陽の搭〔26〕。
所属事務所はジーアールプロモーション。

趣味は健康、読書(雰囲気の良い所で、旅行雑誌)、宝塚歌劇、DVD鑑賞(宝塚歌劇)、ライブに行く事、おしゃべり、掃除〔27〕。
毎朝と寝る前に宝塚歌劇のDVDを観る〔9〕。

集めている品は北海道物産、アロマグッズ(香水、ロクシタンの物、アロマキャンドル、アロマオイル)、雑誌、貝殻、アンティークな鍵、ムーミングッズ、太陽の塔グッズ、イヤリング、ルームウェア、ハーブティー、癒される小物〔26・27〕。
好きな花はバラ(真紅)、ラベンダー、ヒマワリ、ジャスミン、プルメリア〔27〕。
好きな色は赤(情熱の)、紫、黒、黄、ピンク、ラベンダーパープル、パッとしたお色!!、明るいHAPPYな色!〔27〕。

好きな食べ物は白米、餅、「白い恋人」、北海道産の食物、甘いアイスクリーム、ミルキー、お好み焼、ショートケーキ(三角)〔27〕。
晩御飯はアイスクリーム、チョコ〔6〕。

好きな飲み物はコーヒー(ブラック)、ハーブティー(カモミール)〔9・27〕。
ティーカップは透明〔9〕。

目標は色々な人を笑顔にする人〔24〕。
ハマっている物はディズニー〔26〕。
東京公演中に岡本太郎の本を手にし、言葉に感動してから太陽の塔が好きになった〔26〕。
人生で一番ときめいたのは宝塚歌劇〔38〕。
一番自慢できる事はずっと笑っている事〔26〕。
憧れのエンターテイナーは北翔海莉〔26〕。
憧れの俳優は及川光博〔39〕。
シンデレラの好きな所は信じる力と根性〔13〕。
宝塚歌劇の好きな所は、トップ娘役の幸せそうな表情〔31・38〕。
好きな宝塚歌劇の作品は「ガイズ&ドールズ」〔8〕。
東京に来たら必ずする事は、「岡本太郎記念館」に1人で行く事〔26〕。

宝塚時代

特に歌唱力が高い三拍子揃った実力派で、娘役でも笑いを取る太陽のようなタカラジェンヌとして活躍〔10・11・12・15・19・33〕。
目標は自分らしく愛情を表現して受け止めてもらえる、宝塚らしい娘役。ファン時代に見てきた娘役の幸せ感を体現して伝える事〔6・10・12・14・38〕。
タカラジェンヌとして一番大切なものは、キラキラした品格がある事〔26〕。
理想の男役像は、肩幅がある男っぽい男役〔6〕。
理想の娘役像は、ほほ笑んで後ろをついて行く、かすみ草のような娘役だったが失敗した〔6・10・12〕。
役作りで一番大切にしている事は、自分の感情を引き出す事〔26〕。
好きな演目は和物、レビュー〔31〕。
好きだった役は「ロミオとジュリエット」のモンタギュー(女)、「メイちゃんの執事」の山田多美、「Celebrity」全国ツアー公演のセレブTVのMCスーザン、本っ当に…全部です!!〔27〕。
演じてみたい役はどんな役でも、強い女性の役(アクションのある女スパイ、戦う女性、スタント)、家庭教師、シスター〔26・27・31・33・38〕。

憧れのタカラジェンヌは轟悠、北翔海莉〔6・15〕。
轟悠は神様〔15〕。
実咲凜音とは宝塚音楽学校時代から仲が良かった〔12〕。
宝塚歌劇団はファン時代よりも凄い所〔26〕。
星組にいて良かった事は、体育会系で温かく面白い事〔26〕。

2007年に宝塚音楽学校に入学。
自宅通勤だった〔14〕。
男役志望だったが、自分好みのビジュアルではなかったので娘役になった〔6〕。

2009年に宝塚歌劇団に95期生として入団し、宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」で初舞台を踏み、星組に配属される。
2012年に「めぐり会いは再び 2nd/Étoile de TAKARAZUKA」で新人公演初ヒロインと初エトワールを務める。

2013年に「南太平洋」と「日のあたる方へ」でヒロインを務める。
「南太平洋」では、憧れの轟悠の相手役ができるので、不安より幸せだった〔15〕。
轟悠には「ピュアで純粋。可愛い不器用さがある」と評価された〔4〕。

2014年に「眠らない男・ナポレオン」で新人公演ヒロイン、「アルカサル」で宝塚バウホール公演初ヒロイン、「The Lost Glory」でエトワールを務める。
「眠らない男・ナポレオン」では、通勤時間を有効活用するために劇場近くに移転した〔14〕。
新人公演では緊張する場面もあったが、礼真琴の目を見てほっとできた〔1・2〕。
役作りでは色気がないので服装(ロココ調)、香水(バラ系)、音楽(クラシック、オペラ)で形から役に近付け、いつもとは違う大人の雰囲気にした〔3・14〕。

星組トップ時代

身上は北翔海莉の「本物を知った上でウソをやる」〔38〕。
マイブームは北翔海莉のためだけの手料理(雑穀米のおにぎり)〔6〕。
早朝タイプの北翔海莉よりも更に早く稽古場に入る〔5〕。
自宅でも北翔海莉のCDを聴いている〔6〕。

北翔海莉とのトップコンビは「歌うまトップコンビ」「実力派コンビ」と称され、11学年離れているので「年の差カップル(年の差トップコンビ)」と言われた〔11・12・22〕。

北翔海莉は尊敬するエンターテイナー〔7・17・18・19・21・38〕。
魅力は優しさ〔7・17・18・19・21〕。
出会うまでは「自分をどう見せるか」と必死だった〔33〕。
出会ってからは自主稽古をする姿などを見て「人間こうじゃないとダメだな」と思い、自身も周囲に気を遣うようになり、心が温かになった〔19・29・33〕。
「硬くならずに、自由にやればいい」と受け止めてくれたので、舞台写真の表情が柔らかくなった〔31・38〕。
一緒に「東京ディズニーランド」に行く日が雪が凄い日だったので諦めていたが、「すいてるからラッキー」と言われたので発想に感激した〔38〕。
雨が降ってすいてる日に一緒に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」に行った〔38〕。
誕生日には一緒に選んだリボン型のネックレスをプレゼントされた〔20・29・33・38〕。
食事の代わりにお菓子を食べているので、心配しておにぎりやピラフを作ってくれる〔6・12・19・21・23・29〕。
べちゃべちゃのおにぎりでも食べてくれたので料理を勉強し、肉巻きサラダやハート形のおにぎりを入れた弁当を作った〔6・19・21・29〕。
足を踏もうが、体を倒そうが、顔をひっぱたこうが、何しても大丈夫〔6・9・38〕。

2015年に星組トップ娘役に就任。「大海賊/Amour それは・・・」が新トッププレお披露目公演、「ガイズ&ドールズ」が宝塚大劇場新トップお披露目公演となる。「パラ駅伝in TOKYO 2015」の開会式に出演。
トップ就任の際は嘘だと思った〔6・12〕。
実咲凜音には「面白い事になったね」と言われた〔12〕。

「大海賊」の決闘に向かうのを止めるシーンの稽古では、北翔海莉に「アメフットのタックルみたいに」と言われたので思いっきりぶつかったら体当たりで倒してしまい、真っ青になったが逆にドレスの心配をしてくれた〔6・9〕。

「ガイズ&ドールズ」の役作りでは、黒木瞳や映美くららのような可愛らしさを出すために研究した〔7〕。
スカイの1番好きな仕草は、正体を明かす時の声と表情〔9〕。
稽古場では北翔海莉の「はじめての恋」に感動して泣きそうになった〔8〕。
壁ドンのシーンの稽古では、北翔海莉が格好良すぎて腰を抜かした〔9〕。
紫吹淳にキスシーンの仕方を教わった時は、見てはいけない紫吹淳と北翔海莉のキスシーンを見てしまった〔9〕。
上級生には「役柄と似ている」と言われ、自分を見つめ直すきっかけになった〔9〕。

2016年に「ドリームジャンボ宝くじ・ドリームジャンボミニ7000万抽せん会」にテレビ出演し、ミュージック・サロン「Princesa!!」を開催。「桜華に舞え/ロマンス!!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を添い遂げ退団。
「こうもり/THE ENTERTAINER!」の制作発表会見では、北翔海莉とジャズのスキャット対決をすると聞いて凍り付いた〔16〕。
「こうもり」はオペレッタなので歌の課題が多く、宝塚歌劇の発声では出せない音域があり、原曲のままだったので声楽の先生と1から声を作り上げた〔26・28〕。
稽古場でも笑いが溢れる作品だった〔28〕。
初日までは喉が緊張して上手く歌えなかったが、観客のワクワク感が伝わってきたので苦しさがなくなり、歌えるようになった〔26〕。
見所は宝塚歌劇らしさ、ゴンドラ降り〔25〕。
オススメシーンはゴンドラ降り→2人のシーンではないので、プロローグの2人で手を繋いだ階段降りと舞踏会〔24・25・26〕。

「THE ENTERTAINER!」では、野口幸作に内容を聞いてショーも課題が多いと感じた〔28〕。

「桜華に舞え」では、好きな演目で演じてみたかった役を演じる事ができたので、「最後に夢が全て叶い嬉しい」と思った〔31・33・38〕。
退団公演だが特別な感じは全然無かった〔33〕。
役作りでは、稽古前に福島県の会津を訪問して鶴ケ城、会津藩校・日新館などを見学し、「什の掟」を学び、男役と立ち回りの稽古に参加して薙刀に初挑戦し、衣装の袖をあげ、自宅でも「全日本なぎなた連盟」の本気の試合などのYouTube動画を見てイメージトレーニングした〔31・33・38〕。
稽古場で薙刀を持っている自分の腕がワンワンするのが格好いいので、ワンワンするのを見るために練習し、役の心情的には悲しいが、自分の姿にうっとりしてワクワクしていた〔33・38〕。
会津の人の生き様は自己啓発本を読むよりも考えさせられるので、歴女として目覚めた〔38〕。
東京公演初日会見では、「少しでも舞台上でデートができて幸せ。東京で稽古をしたら退団する気持ちが薄れてしまった」と話した後に「退団しますから」とボケたので、北翔海莉に「辞めるの止めたら?」とツッコまれた〔35・37〕。

退団理由

宝塚人生は幸せな事が多過ぎた〔31・38〕。
「隣にずっと居られる事はもうない」と思うと凄く寂しい〔31〕。

・退団記者会見
花柄レースのワンピースに、リボン型のネックレスを着けて登場。
ネックレスは北翔海莉からの誕生日プレゼントで、一緒に選んでくれた〔17・19・20・21・23・29〕。
以前から北翔海莉に添い遂げると決めていたので、「LOVE & DREAM」千秋楽で退団を告げられた時に即決した〔17・20・21・23〕。
北翔海莉には会見直前に廊下で「しっかり頑張ってね」と声を掛けられた〔29〕。
思い出の公演は「LOVE & DREAM(「夢はひそかに」)」〔17〕。
財産は北翔海莉の傍で学べた事〔29〕。
退団後の予定はときめきスイッチが入るまで未定〔19・20・21・23・29・39〕。
結婚は北翔海莉のような王子様が現れたらすぐにしたい〔19・20・21・23・29〕。

・宝塚大劇場公演千秋楽
ミッチャン(ピンクダリア)を入れてもらった花束を手に「素敵な旦那様と出会い、夢のような現実を見させてもらい幸せでした。大好きです」と挨拶した〔30・32・34・36〕。

退団後

女優として活動。
目標にしている俳優は及川光博〔39〕。
演じてみたい役はスタントもこなす女スパイ〔39〕。

2017年2月にイベントを開催。4月12日に「ジーアールプロモーション」に所属し、髪型をショートヘアにして女優予科生として女優デビュー。29日に「Talk&Live」、6月に「美城れん×妃海風スペシャルトーク&ライヴ2017」を開催。
2月に開催したイベントでファンが泣いて喜んでくれた姿を見てときめきスイッチが入り、「表舞台に立とう」と思い女優転身を決意した〔39〕。

入団前

学生時代はバンド、ダンス、お菓子作り、バドミントンをしていて、「WIND HEART」に通っていた〔3〕。
小学2年生の頃から宝塚ファンで、宝塚歌劇のブロマイドをファイルに保管し壁一面に貼っていた〔6・9・12・39〕。
高校2年修了時に初めての宝塚受験で合格した〔39〕。

主演・エトワール

・星組トップ時代7回(宝塚大劇場公演3回、ミュージック・サロン1回)
「桜華に舞え/ロマンス!!」(退団公演)
「Princesa!!」
「One Voice」
「こうもり/THE ENTERTAINER!」
「LOVE & DREAM」
「ガイズ&ドールズ」(宝塚大劇場新トップお披露目公演)
「大海賊/Amour それは・・・」(新トッププレお披露目公演)

・全国ツアー公演1回
「大海賊/Amour それは・・・」

・東京国際フォーラム ホールC公演1回
「LOVE & DREAM」

・梅田芸術劇場メインホール公演1回
「LOVE & DREAM」

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演2回
「日のあたる方へ」
「南太平洋」

・日本青年館大ホール公演2回
「日のあたる方へ ―私という名の他者―」
「南太平洋」

・宝塚バウホール公演2回
「One Voice」
「アルカサル」(初ヒロイン)

・新人公演2回
「眠らない男・ナポレオン」
「めぐり会いは再び 2nd」(初ヒロイン)

・ミュージック・サロン1回
「Princesa!!」

・エトワール3回
「大海賊/Amour それは・・・」
「The Lost Glory」
「めぐり会いは再び 2nd/Étoile de TAKARAZUKA」(新人公演・初エトワール)

情報ソース

1、「星組・礼真琴がナポレオン役でファン魅了」 日刊スポーツ
2、「宝塚新人公演 礼真琴がナポレオン熱演」 デイリースポーツ
3、『プレシャス!宝塚 武士魂で挑む大人の女/妃海風』 日刊スポーツ
4、『プレシャス!宝塚 コネリーのイメージで「南太平洋」に主演/轟悠』 日刊スポーツ
5、「得がたい経験を財産に…星組新トップスター誕生!」 TOKK
6、『プレシャス!宝塚 憧れの人、新トップ北翔海莉に愛と感謝/妃海風』 日刊スポーツ
7、「ガイズ&ドールズ」 星組トップコンビ初日会見
8、「ガイズ&ドールズ」 星組新トップコンビ インタビュー
9、「#712 星組/妃海風(ひなみ ふう)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年11月20日 TOKYO MX
10、「Forever・タカラヅカ101 「ガイズ&ドールズ」でお披露目 星組新トップ、北翔海莉」 毎日新聞
11、「宝塚×ディズニー初コラボ大阪公演開幕! 星組トップ北翔海莉「追加公演できてうれしい」」 スポーツ報知
12、「北翔海莉&妃海風、新トップ本拠地お披露目「自由に楽しく、開放的に」」 スポーツ報知
13、「娘役トップ妃海風、シンデレラの根性「昔から大好きです」」 サンスポ
14、「宝塚歌劇 星組・妃海風、大人の女性に生まれ変わる」 スポーツ報知
15、「宝塚歌劇 妃海風、今できること出せば共感得られるはず」 スポーツ報知
16、「#725 特別編 みっちゃんのブッ飛び情報局!!」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2015年2月26日 TOKYO MX
17、退団記者会見
18、「北翔海莉「夢がかなった」 星組「こうもり」制作発表」 毎日新聞
19、「妃海風が退団会見…北翔退団に「ご一緒させてください」」 産経ニュース
20、「宝塚星組娘役トップ・妃海風、結婚は「北翔さんのような王子様が…」」 スポニチアネックス
21、「妃海風が宝塚退団会見 北翔海莉と同時「揺らがず」」 日刊スポーツ
22、「宝塚星組トップ娘役・妃海風が11・20で退団 北翔海莉と同時退団」 スポーツ報知
23、「宝塚歌劇団・妃海風 退団後は未定」 デイリースポーツ
24、「宝塚星組「こうもり」東京へ!北翔海莉「究極のエンターテイナー目指して」」 ステージナタリー
25、「こうもり」 東京宝塚劇場公演 星組トップコンビ初日会見
26、「#738 星組/妃海風(ひなみ ふう)」 TAKARAZUKA ~CAFE BREAK~ 2016年5月27日 TOKYO MX
27、宝塚おとめ 2009年度版~
28、『こうもり』『THE ENTERTAINER!』制作発表会
29、「北翔海莉「一つの後悔もありません」」 朝日新聞
30、「魅・宝塚、たゆまぬ挑戦 本拠地に最後の歌声 星組トップ・北翔海莉」 毎日新聞
31、「【ステージ 芸】宝塚・星組トップ 北翔海莉 桜華のように潔く 21日から東京でサヨナラ公演」 産経ニュース
32、「「己の弱さとの戦い」だった21年間-宝塚星組トップ・北翔海莉サヨナラ公演千秋楽、雨の中“みっちゃんコール”止まず」 産経ニュース
33、「妃海風 なぎなた振り回す役にワクワク」 スポニチアネックス
34、「北翔海莉、妃海風と本拠地に別れ!」 スポーツ報知
35、「星組・北翔海莉&妃海風 サヨナラ公演駆け抜ける」 デイリースポーツ
36、「宝塚歌劇団星組トップ北翔&妃海 本拠地にサヨナラ」 デイリースポーツ
37、「北翔海莉、同時退団する妃海風に「やめるのをやめたら?」」 サンスポ
38、「プレシャス!宝塚 北翔海莉に感謝感激 “添い遂げ”同時退団/妃海風」 日刊スポーツ
39、「元宝塚娘役トップ・妃海風、髪バッサリ女優で再出発!「“女優予科生”として」」 サンスポ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。