鳳月杏

鳳月杏(ほうづきあん、 6月20日)は宝塚歌劇団92期生の男役タカラジェンヌ。
芸名の由来は母親と考え、使いたかった漢字から「鳳」、好きな映画「ローマの休日」の「アン王女」から「あん」と名付けられた〔1・2〕。
愛称は本名から「ちなつ」。
身長は172cm。血液型はA型。
おっとりしたマイペースな性格の慎重派で、思い立つと1人で行動するタイプ〔3・7・8・11〕。
クールに見られるがそうでもない〔7・8・11〕。
出身地は千葉県船橋市。出身校は国府台女子学院中学部。
1人っ子〔3〕。

趣味は音楽・洋画鑑賞、「すうる」に集う事、同期と集う事(語り合う:夢、ホームパーティー、お泊まり会、奄美大島に行く、ディズニーランドホテルに泊まる、とにかく戯れる)、ドライブ〔1〕。
特技は和太鼓〔1〕。
集めている品はアクセサリー(ハワイアンジュエリー)、良い香りの物(バニラ、アロマグッズ)、キラキラしている物、ハワイアングッズ〔1〕。
好きな花は白バラ〔1〕。
好きな色は白、サーモンピンク、ターコイズブルー、ゴールド、ビビッドカラー(赤、ショッキングピンク)〔1〕。
好きな食べ物は「サンマルク」のパン、餅、中華料理、ご飯(白)、手料理(三人の思い出の唐揚げ、煌月爽矢:サラダ、豚汁、チキンストロガノフ、キャラ弁、抹茶ティラミス、天真みちる:唐揚げ、ラーメン)、辛い物、三色鍋、クッキー〔1〕。
好きな飲み物はカフェオレ〔1〕。

好きな役はアンドレ〔3・5〕。

不器用〔3〕。

宝塚時代

表現力があり、長身を生かしたダイナミックなダンスと迫力ある歌が持ち味のタカラジェンヌとして活躍〔7・9〕。
目標にしているタカラジェンヌは瀬奈じゅん〔3〕。
好きな事は歌〔3・7・10・11〕。
好きな衣装は軍服〔3・7・10・11〕。
好きだった役は「SAUDADE」の全て、「エリザベート」の黒天使、「Z-LIVE」の全て、「月雲の皇子」の穴穂皇子、「スターダム」のリアム・ソーンドレイク〔1〕。
演じてみたい役は色々な役(どんな役でも)〔1〕。
出演したい作品は大恋愛物〔1〕。

下級生の頃はクヨクヨ悩むタイプだった〔11〕。

瀬奈じゅんが卒業してからは映像を見直して勉強し直した〔5〕。
明日海りおからは「自分が真摯に取り組んでいたら、下級生はちゃんとついていこうと思ってくれる」とアドバイスされた〔7〕。

2004年に宝塚音楽学校に入学。
2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団し、宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台を踏み、月組に配属される。
2011年に「アルジェの男」の新人公演でジャック役を務める。

2012年に「エドワード8世」の新人公演でゴドフリー・トーマス役、「ロミオとジュリエット」の新人公演で死役、「春の雪」で洞院宮治典役を務める。
「春の雪」の役作りでは、「坂の上の雲」のDVDを観て阿部寛の男らしさと考え方を参考にした〔3〕。

2013年に「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」の新人公演でアンドレ役、「月雲の皇子」で穴穂皇子役を務める。
「ベルサイユのばら」では今宵一夜の場面の気持ちのキャッチボールが難しかった〔6〕。
役作りでは軍人なので男らしさを出せるようにした〔3〕。

新人公演を卒業してからは責任感から個性を出せるようになり、ギャップに繋がった〔7〕。

2014年に「New Wave! -月-」で宝塚バウホール公演メインキャストを務め、花組へ組替え。
「New Wave! -月-」では自分が芯になって作る事で自覚が生まれた〔11〕。

2015年に「スターダム」で宝塚バウホール公演初主演を務める。
「スターダム」では初主演なので嬉しかったが戸惑いもあり、キャリアが長く歌手の役なので、舞台の質を高めるのに必死だった〔7・8・9・11〕。
役作りでは夢を追い求めてオーディションを受ける集中力と心情を表現した〔7〕。

2016年に「Ernest in Love」で芹香斗亜との役替わりでアルジャノン役、「ME AND MY GIRL」で柚香光との役替わりでジャクリーン・カーストン役、「仮面のロマネスク」でジェルクール伯爵役を務める。
2017年に「MY HERO」でテリー・ベネット役、「邪馬台国の風」でアシラ役を務める。

入団前

子供の頃は負けず嫌いで活発だった〔3〕。
宝塚ファンだった母親の影響で小学2年生の頃からテレビやビデオで宝塚歌劇を鑑賞し、宝塚ファンになった〔3・4・5〕。
3歳からクラシックバレエを習い、宝塚受験の1年前から受験勉強を始めた〔2・3・7〕。
歌は習っていなかったが好きだった〔7〕。

贔屓のタカラジェンヌは瀬奈じゅん〔3・5〕。
中学2年生の頃に身長が伸び、進路を考えた時に宝塚歌劇団の事が脳裏に浮かんだので初観劇し、「ここに入りたい」と思い宝塚受験を決意し、中学校卒業時に初めての受験で合格した〔3・7・11〕。

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回
「スターダム」(初主演)

・宝塚バウホール公演(メインキャスト)1回
「New Wave! -月-」

・新人公演(相手役)1回
「ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-」

情報ソース

1、宝塚おとめ 2006年度版~
2、RISING STAR GUIDE 2013
3、「プレシャス!宝塚 「ベルばら」アンドレに大躍進誓う/鳳月杏」 日刊スポーツ
4、NEW GENERATIONⅡ
5、「鳳月杏最後につかんだ憧れのアンドレ役」 日刊スポーツ
6、『オスカル役の煌月「頭の中真っ白」』 デイリースポーツ
7、『プレシャス!宝塚 男役10年「スターダム」で初センター/鳳月杏』 日刊スポーツ
8、「花組男役・鳳月杏 個性出し10年目の初主演」 毎日新聞
9、「鳳月杏 24日初日の初主演作で通し稽古、熱演誓う「質高いものに」」 スポニチアネックス
10、「宝塚花組・鳳月杏、10年目の感激初センター「感性を大事に」」 スポーツ報知
11、「鳳月杏、入団10年目でつかんだ念願の初センター“スターダム”駆け上がる」 スポーツ報知

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。