未涼亜希

未涼亜希(みすずあき、6月26日)は宝塚歌劇団84期生の男役タカラジェンヌ。
愛称は「まっつ」、芸名から「みすず」、北翔海莉からは「まっちゃん」。
身長は167cm。血液型はAB型。
出身地は大阪府大阪市中央区。出身校は大阪帝塚山学院。
母親は宝塚歌劇団47期生の南条美穂。

苦手なのは長期休暇〔2〕。

宝塚時代

実力派タカラジェンヌとして活躍〔2〕。

1996年に宝塚音楽学校に入学。
1998年に宝塚歌劇団の84期生として入団し、宙組公演「エクスカリバー/シトラスの風」で初舞台を踏む。
1999年に花組に配属される。
2004年に「天使の季節」で新人公演初主演、「La Esperanza-いつか叶う-」で新人公演主演を務める。
2009年に「宝塚巴里祭2009」でホテル阪急インターナショナル公演主演、「EXCITER!!」でエトワールを務める。

2010年に雪組へ組替え。
「虞美人」では張良役を務め高く評価された〔2〕。
組替えによって自分よりも上級生なのが組長だけになった〔2〕。
雪組へ組替えするまではずっと花組にいると思っていた〔2〕。

2011年に『黒い瞳』でプガチョフ役を務める。
2012年に『インフィニティ』で宝塚バウホール公演初主演、「JIN-仁-」で橘恭太郎役を務める。

2013年に「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」で主演、「若き日の唄は忘れじ」で武部春樹役、「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」でアンドレ役を務める。
「Shall We ダンス?/CONGRATULATIONS 宝塚!!」を稽古中の怪我のため一時休演し、東京宝塚劇場公演で復帰。

2014年に「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」でエトワールを務め、宝塚歌劇団を退団。

入団前

小学生からバレエを習い、高校生の頃はミュージカル部に所属していた〔1〕。
小学2年生の時にバレエ教室の友人に宝塚歌劇のビデオを借り、毎年観劇するようになった〔1〕。
ミュージカルを続けるなら宝塚しかないと思い受験を決意した〔1〕。

主演・エトワール

・新人公演2回
「天使の季節」(初主演)
「La Esperanza」

・宝塚バウホール公演(ショー)1回
『インフィニティ』(初主演)

・梅田芸術劇場シアタードラマシティ公演
「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」

・日本青年館大ホール公演
「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」

・ホテル阪急インターナショナル公演
「宝塚巴里祭2009」

・エトワール
「一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA」
「EXCITER!!」

情報ソース

1、「波瀾爆笑!?我が人生」 宝塚GRAPH 2007年10月号
2、「フェアリーインタビュー」 ウィズたからづか 2011年2月号

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。