鈴懸三由岐(鈴木年子)

鈴懸三由岐(すずかけ みゆき、5月29日)は宝塚歌劇団77期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は木の「鈴懸」から祖母の知人に名付けられた。

愛称は本名から「としこ」、芸名から「すっちゃん」。

身長は160cm。

出身地は大阪府豊中市。出身校は聖母被昇天学院。

母親は宝塚歌劇団45期生の若月寿々。

宝塚時代

1989年に宝塚音楽学校に入学。

1991年に宝塚歌劇団の77期生として入団し、月組公演「ベルサイユのばら―オスカル編―」で初舞台を踏む。

1992年に花組に配属される。

2007年に「アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

振付家・鈴木年子として活動。

 

入団前

幼少の頃は自然と遊ぶのが好きだった〔1〕。

母親とクラシックバレエを見てからバレエを習っていた〔1〕。

バレエを習っていたので宝塚受験を決意した〔1〕。

 

関連ページ

トップスターの同期生:安蘭けい春野寿美礼朝海ひかる

トップ娘役の同期生:花總まり

所属:77期生花組

情報ソース

1、「舞台に懸ける#41「鈴懸三由岐」」 タカラヅカ・スカイ・ステージ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。