遼河はるひ

遼河はるひ(りょうが はるひ、2月2日)は宝塚歌劇団82期生の男役タカラジェンヌ。

日本舞踊家・西川栄綾。

愛称は本名のなまりから「あひ、あひる」。

身長は173cm。血液型はA型。

出身地は愛知県名古屋市、出身校は椙山女学園高等学校。

所属事務所はbeehive→プロダクション人力舎。

水気の多いごはんが好きで、毎日一食は食べる〔1・2〕。

健康管理のために食事の栄養バランスに気を使っている〔2〕。

理解できないことは、彩乃かなみがアトラクションで叫んだ後で声を戻すために奇声を発しながら歩くこと〔3〕。

映画館では身長が高いので、後ろの人に気を使って後ろの席に座る〔4〕。

 

宝塚時代

低い声の美形タカラジェンヌとして活躍〔1〕。

役作りのコツは、役を客観的に見て台本の台詞から人格を固めること〔1〕。

休日に普通に話していると高い声に戻ってしまうので、壁に向かって低い声を出す練習をしていた〔3〕。

消したい過去は、ショーのトップスターのソロシーンで間違えて舞台に出てしまい、電柱のふりをしていたこと〔5〕。

 

1994年に宝塚音楽学校に入学。

宝塚音楽学校時代に日本舞踊の名取になる。

 

1996年に宝塚歌劇団の82期生として入団し、月組公演「CAN-CAN/マンハッタン不夜城」で初舞台を踏み、月組に配属される。

2001年に宙組へ組替え。

2002年に「鳳凰伝」で新人公演初主演を務める。

2003年に「春ふたたび」でバウホール(バウ・ワークショップ)公演初主演を務める。

2005年に「Le Petit Jardin 幸せの庭」でバウホール公演主演を務める。

2006年に「NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-」でフランシスコ・アギラール役を務め、月組に組替え。「宝塚巴里祭2006」でホテル阪急インターナショナル公演主演を務める

2007年に「HOLLYWOOD LOVER」でリチャード・R・ローガン役を務める。

 

2008年に「グレート・ギャツビー」でニック・キャラウェイ役、「夢の浮橋」でニの宮役を務める。

「夢の浮橋」では、役作りのために源氏物語を読み返した〔1〕。

 

2009年に初ディナーショー「GLITTER」を開催し、「エリザベート」でルドルフ皇太子役を務め、「ラスト・プレイ/Heat on Beat!」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優として活動。

 

2010年に「beehive」に所属し、「中日ビル」のイメージモデルに就任。

2013年に「プロダクション人力舎」へ移籍。

 

入団前

4歳から日本舞踊を習い、高校生のときに「華麗なるギャツビー」で宝塚歌劇を初観劇。

宝塚ファンになり宝塚受験を決意し、1年間宝塚受験支援スタジオに通い、2度目の受験で合格した。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「鳳凰伝」(初主演)

 

・バウホール公演2回

「春ふたたび」(初主演)

「Le Petit Jardin 幸せの庭」

 

・ホテル阪急インターナショナル公演

「宝塚巴里祭2006」

 

・ディナーショー

「GLITTER」

 

関連ページ

トップスターの同期生:蘭寿とむ壮一帆

トップ娘役の同期生:紺野まひる

所属:82期生月組宙組

情報ソース

1、「宝塚歌劇団プロジェクト 遼河はるひさん 城咲あいインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

2、「宝塚歌劇団プロジェクト 遼河はるひさん 城咲あいインタビュー<後編>」 ゴーゴーご組

3、「踊る!さんま御殿!!」  日テレ 2015年6月9日

4、「スッキリ!!」 日テレ 2015年8月12日

5、「スッキリ!!」 日テレ 2015年11月11日

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。