琴まりえ

琴まりえ(こと まりえ、11月14日)は宝塚歌劇団83期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は両親に「琴」、同期生に「まりえ」と名付けられた。

愛称は本名から「ゆうこ」、芸名から「ことこと」。

身長は160cm。血液型はAB型。

出身地は兵庫県神戸市、出身校は神戸野田高等学校。

父親はウエイトリフティング指導者の横山信仁。

夫はプロ野球選手(投手)の今井啓介。

手帳には宝塚ごっこをしていた友人の遺品の「がんばってね」と書かれた手紙を忍ばせてお守り代わりにしている〔1〕。

 

宝塚時代

目標は感謝の気持ちを持ち、それに応えられる舞台人〔1〕。

 

1995年に宝塚音楽学校に入学。

1997年に宝塚歌劇団の83期生として入団し、雪組公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」で初舞台を踏む。

1998年に星組に配属される。

2000年にベルリン公演の選抜メンバーを務める。

2001年に「ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-」で新人公演初ヒロインを務める。

2002年に「プラハの春」で新人公演ヒロイン、北京公演の選抜メンバーを務める。

2004年に「花のいそぎ」でバウホール公演初ヒロインを務める。

2005年に韓国公演の選抜メンバーを務める。

2006年に「ヘイズ・コード」でヒロインを務める。

2010年に「ハプスブルクの宝剣/BOLERO -ある愛-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

2010年に広島東洋カープの今井啓介投手と結婚。

2011年に長男を出産。

2013年に長女を出産。

 

入団前

小さい頃から宝塚ファンだった〔1〕。

学生時代は体育系の部活に所属し、片道約5時間かけて宝塚受験スクールに通っていた〔1〕。

 

主演・エトワール

・梅田芸術劇場・シアター・ドラマシティ公演

「ヘイズ・コード」

 

・宝塚バウホール公演

「花のいそぎ」(初ヒロイン)

 

・新人公演

「プラハの春」

「ベルサイユのばら2001 -オスカルとアンドレ編-」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:彩乃かなみ紫城るい

所属:83期生星組

情報ソース

1、『GO!GO!宝塚 志半ばで逝った友人のためにも!/琴まりえ』 日刊スポーツ

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。