汐美真帆

汐美真帆(しおみ まほ、10月20日)は宝塚歌劇団77期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は父親が考え尊敬する人に選んでもらった。愛称は「ケロ、お父さん」、本名から「ようこ」。

身長は169cm。血液型はA型。

出身地は兵庫県宝塚市。出身校は小林聖心女子学院。

兄は高嶺ふぶきの妹の夫。義姉は宝塚歌劇団69期生の高嶺ふぶき。いとこは81期生の夢大輝。

宝塚時代

1989年に宝塚音楽学校に入学。

1991年に宝塚歌劇団の77期生として入団し、月組公演「ベルサイユのばら―オスカル編―」で初舞台を踏む。

1992年に雪組に配属される。

1998年に月組へ組替え。

2001年に「血と砂」で大空祐飛とのダブル主演でバウホール公演初主演を務める。

2003年に星組へ組替え。

2004年に初ディナーショー「Good Bye,Good Guy,Good Fellow」を開催し、「花舞う長安/ロマンチカ宝塚 04 -ドルチェヴィータ!-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

ニューヨークへ渡米し2年間海外留学。

 

2007年に「目白椿の坂スタジオ」でヨガインストラクターとして活動。

2008年に芸名をYOKOに改名し女優として活動。

 

入団前

幼少期から宝塚歌劇を観劇していた〔1〕。

小学校4年生から宝塚コドモアテネ、中学生のころから宝塚受験サポートスタジオに通っていた〔1〕。

 

主演・エトワール

・バウホール公演

「血と砂」(初主演)

 

・ディナーショー1回

「Good Bye,Good Guy,Good Fellow」(初ディナーショー)

 

関連ページ

トップスターの同期生:安蘭けい春野寿美礼朝海ひかる

トップ娘役の同期生:花總まり

所属:77期生月組雪組星組

情報ソース

1、「波瀾爆笑!わが人生」 宝塚GRAPH

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。