楓沙樹

楓沙樹(かえで さき、9月21日)は宝塚歌劇団76期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は「楓の葉の様に色々な色に染まれる舞台人に…」という意味で名付けられた。愛称は本名から「たまお」。

身長は168cm。

出身地は東京都新宿区。出身校は目白学園高等学校。

実家は材木商。

宝塚時代

1988年に宝塚音楽学校に入学。

1990年に宝塚歌劇団の76期生として入団し、花組公演「ベルサイユのばら―フェルゼン編―」で初舞台を踏む。

1991年に雪組に配属される。

1992年にニューヨーク公演の選抜メンバーを務める。

1998年に花組へ組替え。

1999年に初ディナーショー「CRECENDO」を開催。

2000年にベルリン公演の選抜メンバーを務める。

2002年にディナーショー「MIRROR」を開催し、「琥珀色の雨に濡れて/Cocktail -カクテル-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優とダンス、バレエ、ヨガ、ピラティス指導者として活動。

 

入団前

小学生のころからクラシックバレエと「名倉ジャズダンススタジオ」でジャズダンスを習い、ダンサーになるのが夢だった〔1〕。

高校生のときに友人に誘われて「パリ・それは悲しみのソナタ」で宝塚歌劇を初観劇し、毎日踊れるので宝塚受験を決意した〔1〕。

 

主演・エトワール

・ディナーショー2回

「CRECENDO」

「MIRROR」

 

関連ページ

トップスターの同期生:彩輝直

トップ娘役の同期生:純名里沙風花舞月影瞳星奈優里

所属:76期生花組雪組

情報ソース

1、「波乱爆笑わが人生」 宝塚GRAPH

  • コメント: 0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。