宝塚歌劇団98期生

2010年に1028人が宝塚受験し40名が合格。入試倍率は25.70倍。

40名が宝塚音楽学校に入学。

 

宝塚音楽学校の入学式では、寿つかさが「新たな一歩を踏み出すスタートで、ゴールではない。みなさんと同じ舞台に立てる事を楽しみにしています」と祝辞述べた〔3〕。

 

2011年に退学した96期生1名(善さくら)が復学。

 

2012年に41名が卒業し善さくらが入団辞退。40名が宝塚歌劇団に入団し組まわり。

東日本大震災が起きたため、募金は趣旨が変わり被災地に送られた〔2〕。

 

宝塚音楽学校の卒業式では、校長が「東日本大震災で被災し、人生の目標を断念した人もいる事を忘れてもらっては困る。周囲への感謝の気持ちを持ち、夢の実現に一からのスタートを切ってほしい」と式辞を述べた〔1〕。

卒業生総代は暁千星が務め答辞を述べた。

 

初舞台は宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-」。

 

2013年に組配属。


Sponsored Link

第98期生一覧

・入団時の成績

首席:暁千星

2番:小春乃さよ

3番:天華えま

4番:真條まから

5番:瑠風輝

6番:綾凰華

7番:澪乃桜季

8番:遥羽らら

9番:潤奈すばる

10番:飛龍つかさ

 

11番:真彩希帆

12番:星南のぞみ

13番:美都くらら

14番:紫乃小雪

15番:彩波けいと

16番:穂稀せり

17番:湊璃飛

18番:峰果とわ

19番:有沙瞳

20番:麗泉里

 

21番:夢乃花舞

22番:七輝かおる

23番:鳳華はるな

24番:風輝駿

25番:天希ほまれ

26番:蒼真せれん

27番:華雪りら

28番:叶海世奈

29番:清華蘭

30番:周旺真広

 

31番:紫咲樹れの

32番:夕渚りょう

33番:瀬南海はや

34番:音風せいや

35番:桜花りな

36番:美丘安里

37番:茉玲さや那

38番:妃月ゆめ

39番:尚央海りせ

40番:澄月菜音

組配属

花組:飛龍つかさ、真彩希帆、峰果とわ、七輝かおる、桜花りな、茉玲さや那、妃月ゆめ、澄月菜音

月組:暁千星、紫乃小雪、麗泉里、蒼真せれん、清華蘭、周旺真広、紫咲樹れの、音風せいや

雪組:真條まから、星南のぞみ、彩波けいと、有沙瞳、夢乃花舞、鳳華はるな、叶海世奈、瀬南海はや

星組:天華えま、綾凰華、澪乃桜季、美都くらら、湊璃飛、天希ほまれ、夕渚りょう、美丘安里

宙組:小春乃さよ、瑠風輝、遥羽らら、潤奈すばる、穂稀せり、風輝駿、華雪りら、尚央海りせ

 

トップ就任

雪組:真彩希帆

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演

2回:真彩希帆

1回:暁千星、紫乃小雪、有沙瞳

 

・新人公演

3回:暁千星

2回:瑠風輝、星南のぞみ、遥羽らら、有沙瞳、天華えま

1回:真彩希帆、紫乃小雪

 

・エトワール

2回:瑠風輝

1回:有沙瞳、麗泉里、真彩希帆

 

卒業生

2017年:桜花りな、美丘安里、紫咲樹れの、紫乃小雪

2016年:七輝かおる、美都くらら、真條まから、瀬南海はや

2015年:尚央海りせ、妃月ゆめ


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「宝塚音楽学校で卒業式 首席の元南海投手次女「同期との絆は宝物」」 スポニチアネックス

2、『未来のタカラジェンヌが募金活動「心はひとつ」』 スポニチアネックス

3、『難関突破40人 タカラジェンヌへ第一歩「ゴールではない」』 スポニチアネックス

コメントを残す

このページの先頭へ