宝塚歌劇団89期生

2001年に973人が宝塚受験し50名が合格。入試倍率は19.46倍。

50名が宝塚音楽学校に入学。

宝塚音楽学校時代は、健康管理のために自宅通学組の母親たちが交代でおにぎりを作ってくれていた〔1〕。

 

2003年に49名が宝塚歌劇団に入団し組配属。

宝塚音楽学校の卒業式では小林校長が「芸の道は厳しいが、夢を持つことで乗り越え、輝く女性になって欲しい」と式辞を述べた〔2〕。

卒業生総代は凪七瑠海が務め答辞を述べた。

 

初舞台は月組公演「花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン」。

初舞台生のロケットの振付は尚すみれが担当した。


Sponsored Link

第89期生一覧

・入団時の成績

首席:凪七瑠海

2番:望海風斗

3番:成花まりん

4番:美弥るりか

5番:純矢ちとせ

6番:碧海りま

7番:舞姫あゆみ

8番:明日海りお

9番:愛輝ゆま

10番:壱城あずさ

 

11番:花咲りりか

12番:暁郷

13番:華月由舞

14番:夢咲ねね

15番:澪乃せいら

16番:香翔なおと

17番:沙月愛奈

18番:妃宮さくら

19番:流輝一斗

20番:妃乃あんじ

 

21番:白華れみ

22番:天宮菜生

23番:花夏ゆりん

24番:浦輝ひろと

25番:羽鷺つばさ

26番:白峰さゆり

27番:萌野りりあ

28番:蓮城まこと

29番:嶺乃一真

30番:遥奈瞳

 

31番:沢希理寿

32番:愛花ちさき

33番:五十鈴ひかり

34番:香音有希

35番:大月さゆ

36番:涼瀬みうと

37番:桜寿ひらり

38番:姫咲ひなの

39番:七海ひろき

40番:亜門真地

 

41番:美翔かずき

42番:羽桜しずく

43番:舞椰莉々

44番:柚乃玲花

45番:愛紗もも

46番:茉莉邑薫

47番:湖々マリア

48番:初輝よしや

49番:雅桜歌


Sponsored Link

組配属

花組:望海風斗、花咲りりか、華月由舞、澪乃せいら、天宮菜生、浦輝ひろと、嶺乃一真、亜門真地、湖々マリア

月組:明日海りお、夢咲ねね、流輝一斗、妃乃あんじ、白華れみ、沢希理寿、五十鈴ひかり、姫咲ひなの、美翔かずき

雪組:純矢ちとせ、愛輝ゆま、沙月愛奈、花夏ゆりん、蓮城まこと、香音有希、大月さゆ、涼瀬みうと、桜寿ひらり

星組:成花まりん、美弥るりか、碧海りま、壱城あずさ、羽鷺つばさ、遥奈瞳、羽桜しずく、舞椰莉々、柚乃玲花、茉莉邑薫

宙組:凪七瑠海、舞姫あゆみ、暁郷、香翔なおと、妃宮さくら、白峰さゆり、萌野りりあ、愛花ちさき、七海ひろき、愛紗もも、雅桜歌

 

トップ就任

花組:明日海りお

雪組:望海風斗

星組:夢咲ねね

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演

5回:白華れみ

4回:明日海りお、夢咲ねね

3回:大月さゆ

2回:望海風斗、純矢ちとせ、凪七瑠海(ヒロイン1回)

1回:澪乃せいら、七海ひろき、羽桜しずく

 

・新人公演

4回:明日海りお

3回:夢咲ねね、羽桜しずく

2回:望海風斗、白華れみ、蓮城まこと、愛花ちさき、大月さゆ

1回:凪七瑠海、美弥るりか、七海ひろき

 

・エトワール

2回:純矢ちとせ、白華れみ

1回:凪七瑠海

 

卒業生

2016年:蓮城まこと

2015年:夢咲ねね

2014年:愛花ちさき、香音有希、美翔かずき

2012年:碧海りま、白華れみ、浦輝ひろと、沢希理寿

2011年:華月由舞、妃宮さくら、妃乃あんじ、天宮菜生、花夏ゆりん、涼瀬みうと、雅桜歌

2010年:舞姫あゆみ、大月さゆ

2009年:愛輝ゆま、香翔なおと、萌野りりあ、嶺乃一真、五十鈴ひかり、桜寿ひらり、羽桜しずく、湖々マリア

2008年:暁郷、流輝一斗、遥奈瞳、舞椰莉々、茉莉邑薫、初輝よしや

2007年:成花まりん、白峰さゆり、姫咲ひなの

2006年:花咲りりか、澪乃せいら、羽鷺つばさ、亜門真地、柚乃玲花

2005年:愛紗もも


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「宝塚歌劇団プロジェクト 望海風斗さんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

2、「音楽学校卒業式 89期生 49人が羽ばたく」 ENAK

コメントを残す

このページの先頭へ