宝塚歌劇団71期生

トップスターを5名輩出し、4名が同時にトップスターを務めた。

 

1983年に宝塚音楽学校に入学。

1985年に46名が宝塚歌劇団に入団し組配属。初舞台は花組公演「愛あれば命は永遠に」。

2002年に轟悠が専科に異動し、トップ・オブ・トップに就任。

2003年に轟悠が宝塚歌劇団理事に就任。

 

第71期生一覧

・入団時の成績

首席:朋舞花

2番:穂高つゆき

3番:荻代彩乃

4番:大潮ますみ

5番:暁なぎさ

6番:華陽子

7番:沢ひとみ

8番:夏河ゆら

9番:多彩しゅん

10番:稔幸

 

11番:真中ひかる

12番:轟悠

13番:橘沙恵

14番:潮路小夜

15番:鷺草かおる

16番:地矢晃

17番:南紀ちひろ

18番:朝霧舞

19番:登羽歩

20番:菫乃あいか

 

21番:三枝みづき

22番:蝶まいか

23番:香坂千晶

24番:篠原ゆい

25番:絵奈かおる

26番:貴柳みどり

27番:能舞三子

28番:夕月美佳

29番:光樹すばる

30番:馮裕華

 

31番:聖花桜子

32番:夢乃千琴

33番:白馬麗

34番:毬央みつき

35番:真琴つばさ

36番:鮎ゆうき

37番:美雪茜

38番:愛華みれ

39番:美夏小波

40番:こじか真衣

 

41番:恵美若葉

42番:萩尾仁美

43番:浪路はるか

44番:いらか万椰

45番:珠木奈緒

46番:詩織みき


Sponsored Link

組配属

花組:大潮ますみ、華陽子、沢ひとみ、橘沙恵、菫乃あいか、香坂千晶、馮裕華、夢乃千琴、真琴つばさ、愛華みれ、美夏小波

月組:穂高つゆき、暁なぎさ、夏河ゆら、轟悠、登羽歩、蝶まいか、篠原ゆい、聖花桜子、白馬麗、美雪茜、こじか真衣、詩織みき

雪組:荻代彩乃、多彩しゅん、潮路小夜、地矢晃、朝霧舞、絵奈かおる、夕月美佳、毬央みつき、鮎ゆうき、恵美若葉、浪路はるか、いらか万椰

星組:朋舞花、稔幸、真中ひかる、南紀ちひろ、三枝みづき、貴柳みどり、能舞三子、光樹すばる、萩尾仁美、珠木奈緒

 

トップ就任

花組:愛華みれ

月組:真琴つばさ

雪組:轟悠、鮎ゆうき

星組:稔幸

専科:轟悠

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演

3回:華陽子、真琴つばさ

1回:鮎ゆうき

 

・新人公演

4回:華陽子

3回:香坂千晶

2回:鮎ゆうき

1回:真琴つばさ

 

卒業生

2006年:夏河ゆら

2005年:貴柳みどり、光樹すばる

2001年:朋舞花、稔幸、真中ひかる、真琴つばさ、愛華みれ

1999年:地矢晃

1998年:鷺草かおる

1997年:いらか万椰

1996年:暁なぎさ、夢乃千琴、恵美若葉

1994年:朝霧舞、夕月美佳

1993年:華陽子、橘沙恵、南紀ちひろ、三枝みづき

1992年:登羽歩

1991年:潮路小夜、香坂千晶、馮裕華、鮎ゆうき、萩尾仁美、珠木奈緒

1990年:荻代彩乃、多彩しゅん、白馬麗、毬央みつき

1989年:穂高つゆき、大潮ますみ、菫乃あいか、蝶まいか、絵奈かおる、聖花桜子、美夏小波、詩織みき

1988年:沢ひとみ、篠原ゆい、能舞三子、美雪茜、こじか真衣

1987年:浪路はるか


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ