グランドホテル

ザ・ミュージカル「グランドホテル」は、1928年のベルリンを舞台に高級ホテルの客の人生を描いたミュージカルの宝塚歌劇版。

 

公演

1993年に月組公演。

2017年1月1日~1月30日に宝塚大劇場、2月21日~3月26日に東京宝塚劇場で月組公演。ショーは「カルーセル輪舞曲」。

 

2017年月組

珠城りょうの宝塚大劇場新トップお披露目公演、夢奈瑠音の新人公演初主演作となる。

朝美絢と暁千星が役替わりでエリック・リトナウアー役とラファエラ・オッタニオ役、早乙女わかばと海乃美月が役替わりでフリーダ・フラム役、泉里麗が初エトワールを務める。

 

主役がガイゲルン男爵、ヒロインがグルーシンスカヤに変更された。

中卒の102期生は法規制により稽古時間が十分に取れなかった為、新人公演に出演しなかった。

公演初日にトミー・チューン、涼風真世、麻乃佳世が観劇。

 

・配役:本公演(新人公演)

フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵:珠城りょう夢奈瑠音

エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ:愛希れいか(海乃美月)

オットー・クリンゲライン:美弥るりか風間柚乃

 

ヘルマン・プライジング:華形ひかる春海ゆう

エリック・リトナウアー:朝美絢、暁千星(礼華はる

ラファエラ・オッタニオ:暁千星、朝美絢(蓮つかさ

運転手:宇月颯輝生かなで

ジゴロ:紫門ゆりや蒼真せれん

フリーダ・フラム[フラムシェン]:早乙女わかば、海乃美月(結愛かれん

婦人:海乃美月、早乙女わかば

 

オッテルンシュラーグ:夏美よう(颯希有翔)

盲目の伯爵夫人:憧花ゆりの(叶羽時)

サンダー:綾月せり(佳城葵)

ウィット:光月るう(蒼瀬侑季)

マダム・ピーピー:夏月都(桃歌雪)

ベル・キャプテン:響れおな(蒼矢朋季)

ハンス:貴千碧(英かおと)

トッツィ:咲希あかね(美園さくら)

ローナ:輝月ゆうま(朝霧真)

ジミーA:千海華蘭(周旺真広)

ジミーB:夢奈瑠音(蘭尚樹)

 

電話交換手:玲実くれあ、白雪さち花、晴音アキ、叶羽時、麗泉里、美園さくら(茜小夏、紫乃小雪、陽海ありさ、夏風季々、花時舞香、天愛るりあ)

メイド:早桃さつき、茜小夏、紫乃小雪、結愛かれん(桜奈あい、姫咲美礼、麗泉里、菜々野あり)

ドアマン:礼華はる、一星慧(暁千星)

ベルボーイ:貴澄隼人、春海ゆう、蓮つかさ、佳城葵、輝生かなで、蘭尚樹(音風せいや、紫咲樹れの、朝陽つばさ、天紫珠李、彩音星凪、蘭世惠翔)

娼婦:香咲蘭、楓ゆき(清華蘭、妃純凛)

地階の労働者:輝城みつる、煌海ルイセ、颯希有翔、朝霧真、蒼瀬侑季、周旺真広、英かおと、風間柚乃(空城ゆう、新斗希矢、甲海夏帆、一星慧、大楠てら)

 

・役替わり日程

役替わりA:1月1日~1月10日、3月2日~3月5日

ラファエラ・オッタニオ:暁千星

エリック・リトナウアー:朝美絢

フリーダ・フラム[フラムシェン]:早乙女わかば

 

役替わりB:1月12日~1月17日、2月21日~3月1日

ラファエラ・オッタニオ:朝美絢

エリック・リトナウアー:暁千星

フリーダ・フラム[フラムシェン]:海乃美月

 

役替わりC:1月19日~1月24日、3月18日~3月26日

ラファエラ・オッタニオ:暁千星

エリック・リトナウアー:朝美絢

フリーダ・フラム[フラムシェン]:海乃美月

 

役替わりD:1月26日~1月30日、3月7日~3月16日

ラファエラ・オッタニオ:朝美絢

エリック・リトナウアー:暁千星

フリーダ・フラム[フラムシェン]:早乙女わかば

 

・スタッフ

脚本:ルーサー・ディヴィス

作曲・作詞:ロバート・ライト、ジョージ・フォレスト

追加作曲・作詞:モーリー・イェストン

オリジナル演出・振付、特別監修:トミー・チューン

演出:岡田敬二、生田大和

翻訳:小田島雄志


モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン「カルーセル輪舞曲(ロンド)」

 

・階段下り

麗泉里(エトワール)→紫門ゆりや→宇月楓→暁千星→朝美絢→美弥るりか(2番手)→華形ひかる→愛希れいか→珠城りょう

 

・スタッフ

作・演出:稲葉太地

 

・休演者(体調不良)

3月1日~6日:清華蘭

 

・退団者

3月26日・東京宝塚劇場公演千秋楽:貴千碧、咲希あかね、煌海ルイセ、美里夢乃

コメントを残す

このページの先頭へ