麻斗海伶の新人公演時代

麻斗海伶(あさと みれ、10月24日)は宝塚歌劇団101期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は周囲の知恵を借りて名付けられた〔1〕。

愛称は本名から「さえ」。

身長は175㎝。

出身地は石川県野々市市。出身校は星陵高等学校。

 

趣味は舞台・映画鑑賞〔1〕。

特技は油絵〔1〕。

集めている品はアクセサリー、ベルト〔1〕。

好きな花はバラ、胡蝶蘭〔1〕。

好きな色は青系〔1〕。

好きな食べ物はチョコレート、マカロン、スープ、果物〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2013年に宝塚音楽学校に入学。

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、雪組に配属され、「星逢一夜」の新人公演を休演した万名月洸の代役で奥平玄二郎役を務める。

2017年に「幕末太陽傳」の新人公演で鬼島又兵衛役を務める。

 

関連ページ

所属:101期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2015年度版~

One Response to “麻斗海伶の新人公演時代”

  1. 大竹菜月 より:

    敬子先生の所では、お世話になりました。
    当時、私は、小さかったですが、さえちゃんと一緒にうつってる、写真をみると、あっ!この人!と、なります!
    私も、さえちゃんみたいに、一生懸命頑張ります!

コメントを残す

このページの先頭へ