麗泉里のエトワール時代

麗泉里(うらら せんり、1月12日)は宝塚歌劇団98期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔1〕。

愛称は本名と芸名から「せんり」。

身長は162㎝。

出身地は長野県東御市。出身校は市立東部中学校。

 

趣味はショッピング、食事(美味しい物)〔1〕。

集めている品はアクセサリー、ピンク色の可愛い物〔1〕。

好きな花はバラ〔1〕。

好きな色はピンク(オペラピンク)〔1〕。

好きな食べ物は果物(苺、メロン)、グミ、「じゃがりこ」〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「明日への指針」新人公演・博多座公演の少年ジェイク、「DRAGON NIGHT!!」の全て〔1〕。

演じてみたい役は色々な役、歌のある役〔1〕。

 

2010年に宝塚音楽学校に入学。

2012年に宝塚歌劇団に98期生として入団し、宙組公演「華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-」で初舞台を踏む。

2013年に月組に配属され、「宝塚ハーフマラソン大会」の開会式に出演。

2017年に「グランドホテル/カルーセル輪舞曲」で初エトワール、「長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」でエトワールを務める。

 

主演・エトワール

・エトワール2回

長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」

グランドホテル/カルーセル輪舞曲」(初エトワール)

 

関連ページ

所属:98期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、宝塚おとめ 2012年度版~

One Response to “麗泉里のエトワール時代”

  1. パクチョ より:

    後輩として応援しています!

コメントを残す

このページの先頭へ