鷹翔千空の新人公演時代

鷹翔千空(たかと ちあき、5月18日)は宝塚歌劇団101期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔20〕。

愛称は本名から「こってぃ」。

身長は175㎝。

出身地は滋賀県草津市。出身校は滋賀県立東大津高等学校。

 

趣味は舞台鑑賞、読書、星空観察〔20〕。

特技は片手側転〔20〕。

集めている品はアクセサリー、マスキングテープ、Tシャツ〔20〕。

好きな花は小さな花〔20〕。

好きな色は水色、紺〔20〕。

好きな食べ物はいくら、チーズ、どら焼、チョコレート、かぼちゃ〔20〕。

憧れのタカラジェンヌは安蘭けい、柚希礼音、湖月わたる〔9・14・15〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は品格と包容力のある凛とした男役〔9・14・15〕。

誰にも負けないのは長身と大きな声〔15〕。

好きなのは歌〔9〕。

演じてみたい役はどんな役でも〔20〕。

 

2013年に宝塚音楽学校に入学。

宝塚音楽学校の入学式では新入生総代を務め、「『清く正しく美しく』の教えを守り、限りない芸の道に精進することを今ここに誓います」と答辞を述べた〔5・21・22・26〕。

 

2015年に宝塚歌劇団に101期生として入団し、月組公演「1789 -バスティーユの恋人たち-」で初舞台を踏み、宙組に配属され、NHK系ドラマ「経世済民の男」の「第二部 小林一三〜夢とそろばん〜」に出演。

宝塚音楽学校の卒業式では卒業生総代を務め、「2年間で学んだことは限りなく、生涯の宝物です。清く、正しく、美しくの教えとともに、大切に抱き続け、夢に羽ばたきます」と答辞を述べた〔3・4・6・11・14・19・24・25〕。

 

ラインダンスの稽古場披露でのインタビューには、脚を綺麗に揃えて上げる事を課題とし、「第101期生一丸となって、心をひとつに、輝くラインダンスをつくることに専念してまいりました。三色旗それぞれの色に分かれていますが、その三色が心をひとつに合わせて、ひとつの作品を創り上げるところをお客様に見ていただきたいと思います。」と答えた〔1・2・10・13・18・23〕。

 

御織ゆみ乃に「今年の101期生はおとなしいイメージがある」と言われたので、「内面に秘めた情熱を押し出して、初日には、全員で力をあわせて、101期生すごいねって言って頂けるような舞台を見せたい」と話した〔7・8〕。

 

「1789」では、「小林一三先生の『清く、正しく、美しく』の教えを胸に刻み、日々精進していきたいと思います」と口上を述べた〔12・16・17〕。

 

「オイディプス王」では、轟悠に「とにかく体を大切にしなさい」と言われた〔9〕。

「「メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/シトラスの風III」では、朝夏まなとに「稽古場では真っ白な心で、先生方の言葉を柔軟に取り入れられる自分でいれば、いつも前向きに取り組めるよ」と教わった〔9〕。

 

2016年度の「阪急阪神電鉄」初詣ポスターモデルを務め、「エリザベート-愛と死の輪舞-」の新人公演でルドルフ役を務める。

2017年に「王妃の館 -Château de la Reine-」の新人公演でルイ14世役、「神々の土地」の新人公演でフェリックス・ユスポフ役を務める。

 

入団前

小さい頃からバレエを習っていた〔9〕。

将来の夢は舞台に立つ仕事だった〔9〕。

中学生の時に「THE SCARLET PIMPERNEL」を観劇し、「ここに入りたい」と思い宝塚受験を決意した〔9〕。

 

2008年に「THE SCARLET PIMPERNEL」を観劇〔9〕。

 

関連ページ

所属:101期生宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

ページ: 1 2

コメントを残す

このページの先頭へ