風間柚乃の新人公演時代

風間柚乃(かざま ゆの、5月1日)は宝塚歌劇団100期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔3〕。

愛称は本名から「おだちん」、芸名から「ゆの」。

身長は168→170→169cm。

大らかな優しい性格の気配り上手で集中力がある〔5・6・8・9〕。

出身地は東京都品川区。出身校は青山学院高校(1年修了)。

父親はプロゴルファーの小達敏昭。

母親は宝塚ファンの小達郁子〔6・9〕。

伯母は女優の夏目雅子、アイドル歌手「キャンディーズ」のメンバー・女優・宝塚ファンの田中好子〔6〕。

 

趣味は映画・DVD鑑賞、入浴(温泉)、ドライブ〔3〕。

特技は短距離走〔3〕。

集めている品はTシャツ、ユニオンジャックの物、マンガ〔3〕。

好きな色は紺、紫、黒、白〔3〕。

好きな食べ物はしゃぶしゃぶ、ゴーヤチャンプル、「共楽堂」の「ひとつぶのマスカット」、シャインマスカット〔3〕。

 

夏目雅子は偉大な伯母〔6・12〕。


Sponsored Link

宝塚時代

声が通り安定した歌声のクールビューティーなタカラジェンヌとして活躍〔1・2・4〕。

目標にしているタカラジェンヌは瀬奈じゅん〔6・9〕。

好きだった役はダニエル・オーギュスト〔3〕。

演じてみたい役は色々な役、極悪人〔3〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚音楽学校の文化祭で主演を務め、宝塚音楽学校の卒業式で声楽総合部門の優秀賞を受賞し、宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

2015年に月組に配属される。

 

2017年に「グランドホテル」の新人公演でオットー・クリンゲライン役を務める。

「グランドホテル」の新人公演では、夢奈瑠音とは2人で楽しみながら稽古し、役同士の親しさ、ステップの踏み方、心情の表現などを話し合った〔7・10・11〕。


Sponsored Link

入団前

家中が宝塚歌劇のポスターやDVDであふれ返っていた〔9〕。

「雅子おばさんのようになりたい」と言っていた〔6・12〕。

幼少期から夏目雅子の命日などでは墓前で手を合わせ、出演していたNHK大河ドラマ「徳川家康」などを何度もビデオで観賞し、写真集も見ていた〔6・9・12〕。

田中好子は風間柚乃の影響で宝塚歌劇を観劇して宝塚ファンになり、入団後に舞台姿を見に来る約束をしていた〔6・9〕。

 

小学時代に陸上の短距離選手として都大会で優勝し、強化選手に選ばれた〔6・9〕。

小学6年生の時に母親と宝塚歌劇を観劇して衝撃を受け、中学1年生の時に宝塚受験を決意し、3年間レッスンを受け、高校1年修了時に初めての受験で合格した〔6・9〕。

宝塚音楽学校の入学式までに2回小達敏昭の実家を訪問し、仏壇に手を合わせて夏目雅子に報告した〔5〕。

 

関連ページ

所属:100期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


ページ: 1 2

コメントを残す

このページの先頭へ