風花舞(宮崎優子)の退団理由・退団後・結婚

風花舞(かざはな まい、6月6日)は宝塚歌劇団76期生の娘役タカラジェンヌ。

愛称は本名から「ゆうこ」。

身長は163cm。血液型はA型。

出身地は東京都新宿区。出身校は港区立青南小学校、兵庫県立鳴尾高等学校。

所属事務所は吉本興業→ブルーミングエージェンシー→キャンディット→フリー。

宝塚時代

ダンスリサイタル「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」で娘役単独主演を務めた。

 

1988年に宝塚音楽学校に入学。

1990年に宝塚歌劇団の76期生として入団し、花組公演「ベルサイユのばら―フェルゼン編―」で初舞台を踏み、ダンスシーンのソロを務める。

1991年に月組に配属される。

1992年に「PUCK」で新人公演初ヒロインを務め、ニューヨーク公演の選抜メンバーを務める。

1993年に「グランドホテル」で新人公演ヒロインを務める。

1994年に「たけくらべ」でバウホール公演初ヒロイン、「WANTED」でバウホール公演ヒロインを務め、ロンドン公演の選抜メンバーを務める。

1995年に「ローン・ウルフ」でバウホール公演ヒロインを務める。

1996年に月組トップ娘役に就任。

1998年に「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」で娘役単独主演を務める。

1999年に「黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ」千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

1999年に女優として「吉本興業」の俳優部門に所属。

2000年に芸名を「宮崎優子」に改名。

2003年に左膝前十字靭帯の再建手術を受け、再びダンスを踊れるようになったので芸名を「風花舞」に改名。

2008年に「目白 椿の坂スタジオ」のゲストインストラクターとして活動。吉本興業を退社し「ブルーミングエージェンシー」に移籍。

2010年に「上海J’TRIANGLE」千秋楽で「ブルーミングエージェンシー」を退社し「キャンディット」に移籍。

2014年に「キャンディット」を退社。

 

入団前

幼少期は「松山バレエ団」に所属していた。

 

主演・エトワール

・新人公演2回

「PUCK」(初ヒロイン)

「グランドホテル」

 

・バウホール公演3回

「たけくらべ」

「WANTED」

「ローン・ウルフ」

 

関連ページ

トップスターの同期生:彩輝直

トップ娘役の同期生:純名里沙月影瞳星奈優里

所属:76期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ