陽月華の退団理由・退団後・結婚

陽月華(ひづき はな、9月2日)は宝塚歌劇団86期生の娘役タカラジェンヌ。

愛称は本名から「うめにゃん、ようこ、うめてぃ」。

身長は164cm。血液型O型。

出身地は東京都足立区。出身校は東京都立飛鳥高等学校。

所属事務所はスペースクラフト。

宝塚時代

1998年に宝塚音楽学校に入学。

2000年に宝塚歌劇団の86期生として入団し、花組公演「あさきゆめみし/ザ・ビューティーズ」で初舞台を踏み、星組に配属される。

2001年に阪急電鉄の初詣ポスターモデルを務める。

2002年に池田銀行の8代目イメージガールに就任。

 

2003年に「雨に唄えば」で宝塚バウホール公演初ヒロイン、「王家に捧ぐ歌」で新人公演初ヒロインを務める。

「王家に捧ぐ歌」では、初めて銀橋で歌うので真面目に取り組んだが、シリアスな場面の後の不思議な場面だったので、通し稽古の時に大爆笑された〔1〕。

 

2004年に娘役2番手スターに昇格。「1914/愛」と「花舞う長安」で新人公演ヒロインを務める。

2006年に「ベルサイユのばら」と「愛するには短すぎる」で新人公演ヒロイン、「フェット・アンペリアル」で宝塚バウホール公演ヒロインを務める。

2007年に「Hallelujah Go!Go!」で宝塚バウホール公演ヒロインを務め、宙組へ組替えしトップ娘役に就任。

「A/L-怪盗ルパンの青春-」がトップお披露目公演、「バレンシアの熱い花/宙FANTASISTA!」が宝塚大劇場トップお披露目公演となる。

2008年の稽古中に左足首を骨折したため「黎明の風/Passion 愛の旅」と「雨に唄えば」を全休演。

2009年に「薔薇に降る雨/Amour それは…」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を同時退団。

 

退団後

女優として「スペースクラフト」に所属。

 

2010年に舞台「ULTRA PURE!」でヒロインを務める。

 

2015年に「王家に捧ぐ歌」のトークサロンにゲスト出演。

「王家に捧ぐ歌」を観劇した時は、化粧の匂いなどの懐かしさが渦巻いた〔1〕。

 

入団前

高校生の時からバレエを習い、学生時代は剣道部、水泳部に所属していた。

中学生の頃に祖母に貰ったチケットで「スパルタカス」を初観劇。

高校生からはお小遣いで観劇していた。

宝塚受験をすることが夢だった。

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演3回

「雨に唄えば」

「フェット・アンペリアル」

「Hallelujah Go!Go!」

 

・新人公演5回

「王家に捧ぐ歌」(初ヒロイン)

「1914/愛」

「花舞う長安」

「ベルサイユのばら」

「愛するには短すぎる」

 

関連ページ

トップスターの同期生:凰稀かなめ

所属:86期生星組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「王家に捧ぐ歌」 トークサロン

コメントを残す

このページの先頭へ