陽向春輝の新人公演時代

陽向春輝(ひなた はるき、6月22日)は宝塚歌劇団99期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は「太陽に向かって輝くヒマワリの様に」という意味で名付けられた〔1〕。

愛称は「たわし」、本名から「だい(ちゃん)」、芸名から「ひなた、はるき」。

身長は169㎝。

出身地は東京都目黒区。出身校は八雲学園高校。

 

趣味は同期と夢を語る事〔1〕。

特技は硬式テニス〔1〕。

集めている品は北欧アンティーク雑貨〔1〕。

好きな花はヒマワリ〔1〕。

好きな色は黄、オレンジ色、原色〔1〕。

好きな食べ物は苺、えんがわ、ヒレカツ、「まい泉」のヒレカツサンド〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「パルムの僧院」の少年ファブリス〔1〕。

演じてみたい役は「THE SCARLET PIMPERNEL」のパーシー・ブレイクニー〔1〕。

 

2011年に宝塚音楽学校に入学。

2013年に宝塚歌劇団に99期生として入団し、雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台を踏む。

2014年に雪組に配属される。

2016年に「るろうに剣心」の新人公演で斎藤一役を務める。

 

関連ページ

所属:99期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2013年度版~

One Response to “陽向春輝の新人公演時代”

  1. まゆみ より:

    陽向春輝さんが本日八雲にいらして下さりました!!!!サインと握手を求めたら、快くうけてくれ、、さらにとてもいい香りがしました!!
    もうオーラがまず違うのでとても感動しました!八雲学園では23日に中学生だけでるのうに剣心を観に行くのでそれに伴い挨拶をして頂きました!

コメントを残す

このページの先頭へ