輝咲玲央の新人公演卒業後

輝咲玲央(きざき れお、9月28日)は宝塚歌劇団92期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔1〕。

愛称は「サム」、本名から「えみり(エミリ)、まっきー」、芸名から「レオリン、レオ(れお)、オレオ」。

身長は173cm。

出身地は福井県福井市。出身校は仁愛女子高校。

弟がいる〔1〕。

 

趣味はショッピング、旅行、ドライブ、舞台・映画・音楽鑑賞、料理、笑う事〔1〕。

特技は書道〔1〕。

集めている品は化粧品、ファッション小物、アクセサリー(ピアス、ゴールド)、鞄、ボディクリーム、香水、ブラウス、ベルト〔1〕。

好きな花はカラー、カサブランカ、ヒマワリ、バラ〔1〕。

好きな色は黒、スカイブルー、ライトブルー、ミントグリーン、ピンク(ショッキングピンク)、白、紫、ゴールド、オレンジ色、レモンイエロー〔1〕。

好きな食べ物は果物、和風の食べ物(和食、抹茶味の物等)、クレープ、手料理(母親、弟)、パイ、キッシュ、ラスク、「Pino」、シャインマスカット、アイスワイン、ハチミツ、玉子かけご飯、フルーツトマト、「FAR EAST BAZAAR」のドライフルーツとデーツ、コロッケ、「パン ド エスキス」のカヌレ〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「太王四神記Ver.II」の審判、「オーシャンズ11」の記者Iと刑事と新人公演のテーラー、「ジャン・ルイ・ファージョン」のプロヴァンス伯爵、「めぐり会いは再び2nd」新人公演のオルゴン伯爵、「日のあたる方へ」のファビオ、「眠らない男・ナポレオン」のロベスピエール、「鈴蘭」のアルノー公クロードとリオネル〔1〕。

演じてみたい役は色々な役、情熱的な役、悪役、エトワール、ソロ(歌)のある役〔1〕。

好きな場面は「REON!!」の”re-gale”〔1〕。

 

2004年に宝塚音楽学校に入学。

2006年に宝塚歌劇団に92期生として入団し、宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で初舞台を踏み、星組に配属される。

 

関連ページ

トップ娘役の同期生:蘭乃はな

所属:92期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2006年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ