蘭尚樹の新人公演時代

蘭尚樹(らん なおき、8月4日)は宝塚歌劇団100期生の男役タカラジェンヌ。

日本舞踊家・藤間豊耀。

芸名は恩師と尊敬する方から一字もらい、恩師と周囲の知恵を借りて自分で決めた〔11〕。

愛称は「たんたん」、本名から「まお、まおまお」、芸名から「らん」。

身長は169cm。

出身地は京都府八幡市。出身校は府立東住吉高校。

 

趣味は散歩、舞台鑑賞(歌舞伎)〔11〕。

特技は日本舞踊〔11〕。

集めている品は時計、「Orobianco」の物、カフス、Tシャツ〔11〕。

好きな花は蘭、ヒマワリ〔11〕。

好きな色は青、白、ゴールド〔11〕。

好きな食べ物は体に良い物、抹茶入りの物〔11〕。

好きな飲み物は抹茶〔11〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標は人に勇気や夢を与えられる舞台人〔14〕。

好きだった役は「宝塚をどり」の獅子、ランディ〔11〕。

演じてみたい役はどんな役でも、「花の業平」の在原業平、黒燕尾を着て大階段で踊りたい〔11〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

宝塚音楽学校の入学式では新入生総代を務め、「清く正しく美しくの教えを守り、立派な舞台人になるため芸の道に精進します」と答辞を述べた〔2・13・17〕。

 

2013年の「すみれ募金」では代表として取材を受け、「100周年の記念すべき年に勉強できる事に感謝し、人に勇気や夢を与えられる舞台人になれるよう精進します」と答えた〔14〕。

 

2014年に宝塚音楽学校の卒業式で小林一三賞、花柳禄壽賞を受賞。宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏み、春海ゆうとの役替わりで獅子役を務める。

宝塚音楽学校の卒業式では卒業生総代を務め、「時に涙し、ともに支え合い、たくさんの喜びと笑顔でいっぱいだった日々。100期生だったからこそ、今の私たちがあります」「決して平坦な道ではなかったが、共に手を取りここまでやってきました。清く正しく美しくの教えを胸に、誇りある歌劇団の100年目の生徒として、果てしない芸の道を歩んでまいります」と答辞を述べた〔1・3・4・6・8・15・16・18・19〕。

 

ラインダンス稽古場披露でのインタビューには、「スミレの花言葉は小さな幸せですが、一人一人がスミレの化身になりきり、初日の幕が開く瞬間まで全力で頑張り、39本のブーケとなってお客さまに大きな幸せを届けたい」と答えた〔5・9・10・12〕。

 

2015年に月組に配属され、中山寺の「星祭節分会」に出演。

「星祭節分会」では「節分は年の節目。歌劇は101年目を迎え、今年1年が皆様にとっても幸せで明るい年になる事を願っています」と話した〔7〕。

 

2017年に第54回「宝塚舞踊会」に出演。

 

関連ページ

所属:100期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link

ページ: 1 2

2 Responses to “蘭尚樹の新人公演時代”

  1. 匿名 より:

    彼女はトップ候補の一人。

    彼女は戦える。

  2. 匿名 より:

    100期生として素晴らしい舞台を
    皆さんと創りあげていってください!
    ありきたりの言葉ですみません

コメントを残す

このページの先頭へ