蓮月りらんの新人公演時代

蓮月りらん(はづき りらん、7月14日)は宝塚歌劇団100期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔1〕。

愛称は本名から「りんだ」。

身長は164→164.5cm。

出身地は長野県安曇野市。出身校は県立松本深志高校(2年修了)。

 

趣味は食事、DVD・「タカラヅカ・スカイ・ステージ」鑑賞、旅行誌を読む事、京都散策〔1〕。

特技はチェロ〔1〕。

集めている品は靴、アクセサリー、DVD・BD(映画)〔1〕。

好きな花はデイジー〔1〕。

好きな色は黄緑〔1〕。

好きな食べ物はカスタードクリーム、牛タン、沖縄料理、「ミンティア」〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

 

2015年に星組に配属され、NHK系ドラマ「経世済民の男」の「第二部 小林一三〜夢とそろばん〜」に出演。

「経世済民の男」では、「モン・パリ」の写真でしか見た事のない場面を演じた事で宝塚歌劇の歴史の重みを感じ、それを視聴者にも伝えたいと思った〔4〕。

 

入団前

中学1年生の時から宝塚受験のためにレッスンを受けていた〔2・3〕。

小学生の時に宝塚歌劇を観劇した時に「いつかそこに立ちたい」と思い宝塚受験を決意し、3度目の受験で合格した〔2・3〕。

宝塚受験の合格者インタビューには「小学生の時に宝塚の舞台を見て、いつかそこに立ちたいと思った。今まで生きてきて一番嬉しい」と涙ながらに答えた〔2・3〕。

 

関連ページ

所属:100期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2014年度版~

2、「タカラジェンヌ卵40人 100期生合格発表」 日刊スポーツ

3、「“タカラジェンヌの卵”に40人 3度目で合格の17歳も」 スポニチアネックス

4、「阿部サダヲが現役タカラジェンヌたちと競演!」 ニュースウォーカー

コメントを残す

このページの先頭へ