蒼舞咲歩の新人公演時代

蒼舞咲歩(そうぶ さきほ、11月8日)は宝塚歌劇団99期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた〔1〕。

愛称は本名と芸名から「サキッポ」。

身長は170→171㎝。

出身地は佐賀県佐賀市。出身校は市立大和中学。

 

趣味は動物と遊ぶ事、ギター、生き物観察〔1〕。

特技は水泳、走る事〔1〕。

集めている品は鞄〔1〕。

好きな花はハイビスカス〔1〕。

好きな色は緑、青〔1〕。

好きな食べ物は和食、数の子、軟骨、母親の手料理〔1〕。

 

憧れのタカラジェンヌは天海祐希〔2〕。


Sponsored Link

宝塚時代

目標にしているタカラジェンヌは天海祐希〔2〕。

演じてみたい役は「ME AND MY GIRL」のビル、日本物の役(侍)〔1〕。

 

2011年に宝塚音楽学校に入学。

2013年に宝塚歌劇団に99期生として入団し、雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台を踏む。

2014年に星組に配属される。

2017年に「THE SCARLET PIMPERNEL」の新人公演でファーレイ役を務める。

 

入団前

幼少の頃からバレエを習っていた〔2〕。

幼少の頃からバレエを習い、「男役スターになる事」が夢になったので宝塚受験を決意し、初めての受験で合格した〔2〕。

宝塚受験の合格者インタビューには、「まさか1回で合格できると思わなかった。憧れていた世界にようやく入れると思うと、とても嬉しい。佐賀を離れるのは寂しいが、憧れの天海祐希さんのような男役スターを目指したい」と答えた〔2〕。

 

関連ページ

所属:99期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2013年度版~

2、「23倍の難関、宝塚音楽学校 佐賀市の広田さん合格 」 佐賀新聞

One Response to “蒼舞咲歩の新人公演時代”

  1. 橋本伴明 より:

    咲歩さんとは、友達でした。
    優しくて頼りになる存在でした。
    宝塚でトップスター目指してほしいです。

コメントを残す

このページの先頭へ