華雅りりかの新人公演ヒロイン卒業後

華雅りりか(かが りりか、8月1日)は宝塚歌劇団94期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考え、普通の苗字の響き「かが」に宝塚っぽい漢字「華雅」を当て、本名から「りりか」と名付けられた〔5〕。

愛称は本名から「りり、りりこ」、芸名から「かがちゃん、りりか」。

身長は163cm。血液型はA型。

出身地は東京都世田谷区。出身校は香蘭女学校。

 

趣味は入浴(ゆっくり)、ラジオ聴取、ドライブ、ヨガ、ピラティス、掃除(部屋)〔5〕。

集めている品はポストカード、アンティークの小物、オードリー・ヘップバーンのグッズ(写真)、緑色の物、丸くて可愛い物〔5〕。

好きな花はバラ、金木犀〔5〕。

好きな色はミントグリーン、ピンク(サーモンピンク)、緑、藤色〔5〕。

好きな食べ物はバナナ(お菓子、)、魚料理、サラダ、タルト、バウムクーヘン、茄子、アボカド、クッキー、チャイ〔5〕。

 

憧れのタカラジェンヌは真矢みき〔1・3〕。


Sponsored Link

宝塚時代

好きだった役は「摩天楼狂詩曲」のナンシーとメグ、「愛と青春の旅立ち」新人公演のシーガー、「天使のはしご」のジェーン、「オーシャンズ11」の全て、「ラスト・タイクーン」新人公演のミナ・デービス〔5〕。

演じてみたい役は「ME AND MY GIRL」のサリー、男役〔5〕。

 

2006年に宝塚音楽学校に入学。

入学時は真矢みきに憧れていたので男役志望だったが、周りが大きかったので娘役志望になった〔1・3〕。

 

2008年に宝塚歌劇団に94期生として入団し、月組公演「ME AND MY GIRL」で初舞台を踏み、星組に配属される。

 

2010年に「TAKARAZUKA SKY STAGE」の第9期スカイフェアリーズに就任し、『「摩天楼狂詩曲」-君に歌う愛-』で音波みのりとの役替わりで宝塚バウホール公演初ヒロインとメグ・ガーネット役を務める。

「摩天楼狂詩曲」では、観客に「元気系よりしっとり系の方が魅力的だった」と言われた〔3〕。

 

2012年に花組へ組替え。

 

2013年にスペイン旅行。

スペイン旅行では、男性の格好で「サグラダ・ファミリア」を見に行ったことで運気の流れが変わり、ヒロインに抜擢された〔1・3〕。

 

2014年に「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-」で新人公演初ヒロインを務める。

「ラスト・タイクーン」では、やりたいこととやれることの違いが分かり、やりたいことに近付けることを課題にした〔2・3〕。

初ヒロインが決まった時に蘭寿とむに「よかったね」と言われたので感激した〔3〕。

蘭乃はなには足さばきなどを学び、「初日はいつだって来る。大丈夫とは言わないけど、やらなくちゃいけないのよ」と言われた〔4〕。

 

2016年に「仮面のロマネスク」でジル役を務める。

2017年1月11日から「雪華抄/金色の砂漠」を体調不良のため休演し、17日に舞台復帰。

 

入団前

学生時代の夢は「サグラダ・ファミリア」を見てから建築家だった〔1・3〕。

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回

「摩天楼狂詩曲」-君に歌う愛-』(初ヒロイン)

 

・新人公演1回

ラスト・タイクーン ―ハリウッドの帝王、不滅の愛―」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:珠城りょう

トップ娘役の同期生:仙名彩世

所属:94期生花組星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「華雅りりか新人卒業前ヒロインのチャンス」 日刊スポーツ

2、「宝塚花組新人公演 柚香光が初主演」 デイリースポーツ

3、『プレシャス!宝塚 初ヒロイン6年の経験生かす/華雅りりか』 日刊スポーツ

4、「Viva!タカラヅカ 【記者コラム】タカラヅカの新人公演」 神戸新聞

5、宝塚おとめ 2008年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ