華形ひかるの専科時代

華形ひかる(はながた ひかる、9月26日)は宝塚歌劇団85期生の男役タカラジェンヌ。

芸名の由来は野球漫画「巨人の星」の「花形満」から母親に名付けられ、「花」を「華」に変えた。名前は覚えやすさと響きで「ひかる」に決めた。

愛称は「花形満」から「みつる」。

身長は168cm。血液型はB型。

出身地は東京都中野区。出身校は中野区立第十一中学校。


Sponsored Link

宝塚時代

演技力が高い華やかなタカラジェンヌとして活躍〔1〕。

下級生の男役には男役であることを強く意識するようにアドバイスしている〔1〕。

 

1997年に宝塚音楽学校に入学。

1999年に宝塚歌劇団の85期生として入団し、雪組公演「再会/ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏み、花組に配属される。

2002年にTAKARAZUKA SKY STAGEの第1期スカイ・フェアリーズに就任。

2005年に「落陽のパレルモ」で新人公演初主演を務める。

2009年に「フィフティ・フィフティ」で真野すがたとのダブル主演でバウホール公演初主演を務める。

2011年に蘭寿とむが花組トップスターに就任した時には、「花組らしさが受け継がれているね」と喜ばれた〔1〕。

2012年に専科公演「おかしな二人」に特別出演し、フィリックス役を務める。

2013年に「オーシャンズ11」でエトワールを務める。

2014年に専科へ異動。「風と共に去りぬ」でアシュレ・ウィルクス役を務める。

2015年に『「星影の人」-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』でエトワールを務める。

2017年に「グランドホテル」でヘルマン・プライジング役、「長崎しぐれ坂」で水牛役を務める。

 

主演・エトワール

・宝塚バウホール公演1回

「フィフティ・フィフティ」(初主演)

 

・新人公演1回

「落陽のパレルモ」(初主演)

 

・エトワール

「星影の人」-沖田総司・まぼろしの青春-/ファンシー・ガイ!』

オーシャンズ11

 

関連ページ

トップスターの同期生:柚希礼音

トップ娘役の同期生:映美くらら

所属:85期生花組専科


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「フェアリーインタビュー」 ウィズたからづか 2012年2月号

コメントを残す

このページの先頭へ