花總まりの退団理由・退団後・結婚

花總まり(はなふさ まり、2月28日)は宝塚歌劇団77期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた。愛称は「だいちゃん」、芸名から「(お)ハナ」。

身長は162cm。血液型はO型。

出身地は東京都豊島区。出身校は日本女子大学附属高等学校。

所属事務所はFROM FIRST→ブルーミングエージェンシー。

特技はヴァイオリン、タップダンス。

趣味はダイビング、読書、ピラティス、ウォーキング。

 

宝塚時代

トップ娘役在任期間は歴代最長の12年3か月。

トップスター5名の相手役を務めた。

 

1989年に宝塚音楽学校に入学。

1991年に宝塚歌劇団の77期生として入団し、月組公演「ベルサイユのばら―オスカル編―」で初舞台を踏み、新人公演で小公女役を務める。

1992年に星組に配属され、「白夜伝説」でミーミル役を務める。

1993年に「PARFUM DE PARIS」で麻路さきのデュエットダンスの相手役、「うたかたの恋」で新人公演初ヒロインを務め、雪組へ組替え。

1994年に「風と共に去りぬ―スカーレット編―」の新人公演で初主演を務め、雪組トップ娘役に就任。「雪之丞変化/サジタリウス」が宝塚大劇場お披露目公演となる。

1998年に宙組の創設メンバーとして宙組へ組替えし、宙組トップ娘役に就任。

2006年に「NEVER SAY GOODBYE‐ある愛の軌跡‐」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を同時退団。

 

退団後

2010年から女優として活動し、「ディートリッヒ  生きた 愛した 永遠に」が退団後初舞台となる。

2012年にFROM FIRST所属し、「エリザベート スペシャル ガラ・コンサート」でエリザベート役を務める。

2013年に「モンテ・クリスト伯」でヒロインを務める。

2014年にブルーミングエージェンシーに移籍し、「レディ・ベス」ではレディ・べス役を務め、ブルーベル・ジャパンのフレグランス・アンバサダーに就任。野村證券 の「with NISA るいとう篇」と「with NISA 株主優待篇」のCMに出演。

 

入団前

5歳からヴァイオリン、小学生のときからバレエを習い、中学3年生のときに宝塚歌劇を初観劇。舞台に興味が沸いたので宝塚受験を決意し、高校1年終了後に受験に合格した。

 

主演・エトワール

・新人公演2回

「うたかたの恋」(初ヒロイン)

「風と共に去りぬ―スカーレット編―」(初主演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:安蘭けい春野寿美礼朝海ひかる

所属:77期生雪組星組宙組


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ