花瀬みずかの退団理由・退団後・結婚

花瀬みずか(はなせ みずか、2月7日)は宝塚歌劇団81期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名は家族で考えた。愛称は「あかね、あーちゃん」。

身長は159cm。血液型O型。

出身地は大阪府豊能郡。出身校は大阪府立池田高等学校。


Sponsored Link

宝塚時代

1993年に宝塚音楽学校に入学。

1995年に宝塚歌劇団の81期生として入団し、星組公演「国境のない地図」で初舞台を踏み、月組に配属される。

1998年に「WEST SIDE STORY」で新人公演初ヒロイン、「黒い瞳」で新人公演ヒロインを務める。

1999年に「ノバ・ボサ・ノバ」で新人公演ヒロイン、「十二夜」でバウホール公演初ヒロイン、北京・上海公演選抜メンバーを務める。

2000年に「LUNA」で新人公演ヒロインを務める。

2001年に「愛のソナタ」で新人公演ヒロインを務める。

2008年に月組副組長に就任。

2013年に「ベルサイユのばら – オスカルとアンドレ編 -」でエトワールを務め、東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

主演・エトワール

・新人公演5回

「WEST SIDE STORY」(初ヒロイン)

「黒い瞳」

「ノバ・ボサ・ノバ」

「LUNA」

「愛のソナタ」

 

・宝塚バウホール公演1回

「十二夜」(初ヒロイン)

 

・エトワール

ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-

 

関連ページ

トップスターの同期生:大和悠河真飛聖

トップ娘役の同期生:舞風りらふづき美世

所属:81期生月組


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ