純名里沙(純名りさ)の退団理由・退団後・結婚

純名里沙(じゅんな りさ、3月15日)は宝塚歌劇団76期生の娘役タカラジェンヌ。

芸名の由来は本名から家族や知人と相談して決めた。愛称は本名と芸名から「じゅん」。

身長は159cm→160㎝。血液型はAB型。

出身地は大阪府箕面市。出身校は大阪府立東豊中高等学校。

父親は中学校の英語教師。母親は専業主婦。

宝塚時代

宝塚歌劇団史上初になる初舞台生でエトワール、現役生で朝ドラ主演(ヒロイン)を務めたタカラジェンヌ。

 

1988年に宝塚音楽学校に入学。

1990年に宝塚歌劇団の76期生として入団し、花組公演「ベルサイユのばら―フェルゼン編―」で初舞台を踏み、初エトワールを務める。

1991年に雪組に配属され、「微笑みの国」でバウホール公演初ヒロイン、「華麗なるギャツビー」で新人公演初ヒロインを務める。「ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団」とレコーディングを行ないCDを発売。

1994年にNHK連続テレビ小説「ぴあの」で主演を務め、約1年間休演。舞台復帰し花組へ組替え。花組トップ娘役に就任し、「エデンの東/ダンディズム!」が宝塚大劇場お披露目公演となる。

1996年に「ハウ・トゥー・サクシード」千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優、声優、歌手として活動。

 

2002年に芸名を「純名りさ」に改名。香港映画「慌心假期/Midnight fly(夜間飛行)」に出演し主題歌を担当。金馬奨で最優秀主題歌(ベスト・オリジナル・フィルムソング)賞を受賞し、助演女優賞にノミネートされた。

2008年にテレビ番組「リトル・チャロ」で声優としてチャロ役を務める。

2009年に芸名を純名里沙に改名。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「華麗なるギャツビー」(初ヒロイン)

 

・バウホール公演1回

「微笑みの国」(初ヒロイン)

 

・エトワール1回

「ベルサイユのばら―フェルゼン編―」(初エトワール)

 

関連ページ

トップスターの同期生:彩輝直

トップ娘役の同期生:風花舞月影瞳星奈優里

所属:76期生花組雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ