紅ゆずるの星組トップスター時代

紅ゆずる(くれない ゆずる、8月17日)は宝塚歌劇団88期生の男役タカラジェンヌ。

第一希望の芸名「颯ゆう紫」は勇まし過ぎるため却下された〔1〕。

愛称は本名から「さゆみ、さゆ(ちゃん)」、芸名から「べに(こ)、ゆずるん」。

瀬央ゆりあからは「さゆみさん」。

身長は173cm。血液型はA型。

純粋でじっくりと稽古を重ねたいタイプ〔8・11〕。

出身地は大阪府大阪市。出身校は東大谷高等学校。

弟は2歳下と7歳下〔2〕。

 

趣味は野球観戦(阪神ファン)、生花〔9〕。

好きな花は青いカーネーション、カサブランカ〔9〕。

好きな色は紫〔9〕。

好きな事はいたずら〔8〕。

 

愛用品はオリジナルストレッチポール〔6〕。

夢は松岡修造と対談する事〔6〕。

宝塚歌劇のチケットは高い〔13〕。

 

化粧台の前には青のカーネーションを飾っている〔9〕。

 

「ジャンボ宝くじ」を買った事はある〔13〕。

7億円当たった時の夢は、頑張って宝塚歌劇の高いチケットを買っている人達のための星組貸切公演〔13〕。


Sponsored Link

宝塚時代

伸びやかな歌声で舞台度胸がある、芸達者な二枚目タカラジェンヌとして活躍〔7・8〕。

星組の男役ユニット「紅5(KURENAI 5)」のメンバーで、リーダーの「KURENAI RED(赤)」を担当。

キラキラしているのは今だけを必死に生きているから(松岡修造)〔6〕。

台詞は順番に覚えて頭の中で繋げる〔8〕。

色気の出し方は口元と顔の輪郭に沿って手を持ってくる事〔9〕。

 

言わないで欲しいアドリブはツボにハマって笑ってしまう事〔11〕。

純粋で信じやすいのでドッキリにハメめられやすい〔11〕。

誕生日のドッキリには毎回引っ掛かる〔11〕。

 

開演前に「YouTube」で松岡修造の動画を大音量で見ている〔6〕。

関西人の血が騒ぐので、「観客をもっと笑わせてやろう」と思いアドリブで笑いを取りに行く〔7〕。

権利問題が発生する写真やサイン以外は拒まない〔9〕。

 

星組の下級生は結構宝くじを買っている〔13〕。

学生のファンからは「1回の公演を見るために何十回もバイトしました」とよく聞く〔13〕。

 

2000年に宝塚音楽学校に入学。

2002年に宝塚歌劇団に88期生として入団し、星組公演「プラハの春/LUCKY STAR!」で初舞台を踏み、星組に配属される。

 

2008年に「ANNA KARENINA」でアレクセイ・カレーニン役、「THE SCARLET PIMPERNEL」で新人公演初主演を務める。

「ANNA KARENINA」でカレーニン役を演じたことで注目された〔7〕。

 

2010年に「le sac des TAKARASIENNES」のプロデュース選抜メンバーを務める。

2011年に「メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-」で宝塚バウホール公演初主演を務める。

2012年に星組男役2番手スターに昇格。「ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-」で宝塚バウホール公演主演、「めぐり会いは再び 2nd ~Star Bride~」でブルギニョン役を務める。

2013年に「宝塚ジャポニズム~序破急~/怪盗楚留香外伝-花盗人-/Étoile de TAKARAZUKA」の台湾公演で薛斌(せつひん)役を務める。

 

2014年に「風と共に去りぬ」の全国ツアー公演で主演を務め、「タカラヅカスペシャル2014 ~Thank you for 100 years~」を体調不良の為、全日程休演。

「風と共に去りぬ」では、10月から大運動会の影響で体調不良になり、一時稽古を休んでいて稽古不足だったが、舞台後の挨拶ではこれをネタにして観客を笑わせた〔3・4・5〕。

公演終了後は出待ちのファンを喜ばせるために全身タイツで出た〔8〕。

 

病気で休演した時は稽古場が千羽鶴の嵐になり、健康グッズや手紙が送られた〔8〕。

 

2015年に「黒豹の如く」でビクトル・デ・アラルコン役、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」で主演、「『ガイズ&ドールズ』-GUYS & DOLLS-」でネイサン・デトロイト役を務める。

甲子園を観戦した時は、他のタカラジェンヌが黄色と黒の服を着て来なかったので、近くの店で派手な服を買わせた〔9〕。

 

「黒豹の如く」では、綺咲愛里に舞台用の指輪をプレゼントした〔6〕。

 

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」では、大量の台詞を意地で覚えた〔8〕。

役作りでは、レオナルド・ディカプリオのような大きいアクションを取り入れ、医師役のために病院に潜入しようとしたが時間が無く、パイロット役のために飛行機に乗ったがコックピットは見えなかった〔8〕。

専科の上級生には、「こんなにしゃべり、歌う宝塚の主役を見たことがない」と驚かれた〔8〕。

小柳奈穂子は紅ゆずるの演技プランに笑い転げた〔8〕。

 

「ガイズ&ドールズ」では、周囲に温められた役の難しさを聞かされていた〔9〕。

北翔海莉にアドリブの対応を任せてもらえることで、2番手の安心感と責任感が生まれた〔9〕。

礼真琴に稽古用と結婚用の指輪を贈った時は、手作りのパーカーとクッキーをプレゼントされた〔9〕。

酒井澄夫には「清く、正しく、セクシーに」と指導された〔9〕。

 

「Disney Songs by TAKARAZUKA」のレーコーディングでは、前に歌った北翔海莉が上手すぎるので悄気た〔10〕。

「ピーターパン」の曲は自分でリクエストしたが、難しすぎて心が折れた〔10〕。

 

2016年にディナーショー『STELLA ROSSA ~フリーダムに ランダムに~』を開催し、「『こうもり』…こうもり博士の愉快な復讐劇…」でガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン侯爵役務め、『THE ENTERTAINER!』で初舞台生への応援歌を披露。「『桜華に舞え』 -SAMURAI The FINAL-」で衣波隼太郎役を務める。

「宝塚巴里祭2016」で主演を務める。

 

「こうもり」の制作発表会では、アンサンブルも出演したので、フリが細かくて悩まされた〔11〕。

アイゼンシュタイン侯爵は、後先を考えずに突っ走る楽しい人物〔12〕。

北翔海莉とはアイデアを出し合いながら役作りをした〔12〕。

 

「THE ENTERTAINER!」では、初舞台が谷正純演出の「プラハの春」だったので初心に返り、応援歌は自分にも歌う気持ちで務めた〔12〕。

 

星組トップ時代

2016年に星組トップスターに就任。

 

2017年に「オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」が新トッププレお披露目公演、「THE SCARLET PIMPERNEL」が宝塚大劇場新トップお披露目公演となる。第54回「宝塚舞踊会」、「ドリームジャンボ宝くじ」のCMに出演。4月20日に毎日放送「ちちんぷいぷい」の「気になる人・注目の人を紹介~WHO ARE YOU~」のコーナー、6月8日に「ドリームジャンボ宝くじ・ドリームジャンボミニ1億円抽せん会」、7月3日に「ぐるっと関西おひるまえ」の「ひるコレ」に出演。

「ドリームジャンボ宝くじ」と「宝塚歌劇」は「夢を見て頂く」という部分が共通するので、「素敵なタイアップだな」と思い、「色んな所で買ってみよう」と思った〔13〕。

 

入団前

宝塚受験を決めてから宝塚歌劇のビデオを見て独学で練習し、その姿を見た両親に半年間バレエと声楽を習うことを許された〔2〕。

雪組公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」で宝塚歌劇を初観劇〔2〕。

小学5年生の時にテレビで「雪之丞変化/サジタリウス」を見て宝塚ファンになり、宝塚受験を決意し、初めての受験で合格した〔2〕。

 

主演・エトワール

・星組トップ時代

THE SCARLET PIMPERNEL」(宝塚大劇場新トップお披露目公演)

オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」(新トッププレお披露目公演)

 

・全国ツアー公演

風と共に去りぬ

 

・東京国際フォーラム ホールC公演

「オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」

 

・赤坂ACTシアター公演

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

 

・日本青年館大ホール公演

「ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-」

「メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-」

 

・宝塚バウホール公演2回

ジャン・ルイ・ファージョン -王妃の調香師-

メイちゃんの執事-私の命に代えてお守りします-」(初主演)

 

・新人公演1回

「THE SCARLET PIMPERNEL」(初主演)

 

関連ページ

トップスターの同期生:朝夏まなと

トップ娘役の同期生:桜乃彩音

所属:88期生星組


Sponsored Link


Sponsored Link


ページ: 1 2

3 Responses to “紅ゆずるの星組トップスター時代”

  1. なおこ より:

    紅ゆずるさん、いつも心のこもったお芝居をされます。ロミオとジュリェットのベンボーリオは、他の人より素晴らしかったです。

  2. ベニー大好き♡ より:

    キャッチミーイフユーキャンのフランク役
    16歳~少年のキラキラと危うさと見事に演じきっていて
    素晴らしかったです☆

    サービス精神旺盛なので、面白いところがクローズアップされやすいですが、本人はとても舞台に真摯に取り組んでいらっしゃり
    何より宝塚愛を強く感じます。

    伸びやかなな歌い方、お芝居、そしてビジュアルも大好きなので、
    これからも応援し続けます~☆。.:*:・゜

  3. より:

    ビジュアルが過ごすぎ☆紅さんのあのお顔見るたび目がチカチカ眩しいです☆スタイルも抜群で羨ましいです☆o(^-^)o

コメントを残す

このページの先頭へ