真飛聖の退団理由・退団後・結婚

真飛聖(まとぶ せい、10月13日)は宝塚歌劇団81期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は恩師の名前から一字もらった。愛称は「ゆう、うんちゃん」、下級生時代は「うんた」。

身長は169cm。血液型B型。明るくて元気で温かい優しい性格〔1・2・3〕。

出身地は神奈川県川崎市。出身校は中延学園高等学校。

所属事務所はワタナベエンターテインメント。

宝塚時代

1993年に宝塚音楽学校に入学。

1995年に宝塚歌劇団の81期生として入団し、星組公演「国境のない地図」で初舞台を踏み、星組に配属される。

1996年に「エリザベート」で黒天使役、「我が愛は山の彼方に」で新人公演初主演を務める。

2000年にベルリン公演の選抜メンバーを務める。

2001年に「花の業平」と「ベルサイユのばら2001 – オスカルとアンドレ編-」で新人公演主演を務める。

2002年に「ヴィンターガルテン-春を待ち侘ぶ冬の庭園-」で朝澄けいとのダブル主演でバウホール公演初主演を務める。

2003年に「雨に唄えば」で初女役を務める、「シンデレラ」に外部出演。

2004年に「花のいそぎ」でバウホール公演単独初主演を務める。

2005年に初ディナーショー「Sky Blue」を開催し、花組へ組替え。

2006年に「MIND TRAVELLER」でシアター・ドラマシティー公演初主演を務め、「明智小五郎の事件簿 -黒蜥蜴-/TUXEDO JAZZ」で花組男役2番手スターに昇格。

 

2007年に花組トップスターに就任。

トップ就任の際は、不安だったが組子が自然に置いてくれたので、気負わず素直でいることができた〔4〕。

 

2008年に「メランコリック・ジゴロ―あぶない相続人―/ラブ・シンフォニー2」がトップお披露目公演、「愛と死のアラビア/Red Hot Sea」が宝塚大劇場トップお披露目公演となる。

 

2009年に初ソロCD「花舞」が発売され、「One」で作詞を担当。

「太王四神記」では、ペ・ヨンジュンが演じた役なのでプレッシャーを感じていた〔4〕。

 

2010年に「麗しのサブリナ/EXCITER!!」が宝塚大劇場新トップコンビお披露目公演となる。

2011年に『愛のプレリュード/Le Paradis!!」-聖なる時間-』東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優として「ワタナベエンターテインメント」に所属。

 

2012年に「37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜」でテレビドラマ初出演。

 

入団前

幼少期からバレエを習っていた。

中学3年生の時に宝塚ファンの友人に勧められて「歌劇」を読み、身長が伸びてバレエを続けるか悩んでいたので宝塚受験を決意した。

 

主演・エトワール

・トップ時代

愛のプレリュード/Le Paradis!!」-聖なる時間-』(退団公演)

「メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/ラブ・シンフォニー』

麗しのサブリナ/EXCITER!!」(宝塚大劇場新トップコンビお披露目公演)

「虞美人」-新たなる伝説-

相棒

 

・全国ツアー公演

『「メランコリック・ジゴロ」-あぶない相続人-/ラブ・シンフォニー』

 

・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演

「相棒」

「MIND TRAVELLER」

 

・日本青年館大ホール公演

「相棒」

 

・新人公演3回

「我が愛は山の彼方に」(初主演)

「花の業平」

「ベルサイユのばら2001 – オスカルとアンドレ編-」

 

・宝塚バウホール公演2回

「ヴィンターガルテン-春を待ち侘ぶ冬の庭園-」(初主演)

「花のいそぎ」(単独初主演)

 

・ディナーショー

「Sky Blue」

 

関連ページ

トップスターの同期生:大和悠河

トップ娘役の同期生:舞風りらふづき美世

所属:81期生花組星組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、「フェアリーインタビュー」 ウィズたからづか 2011年3月号

2、「宝塚歌劇団プロジェクト 蘭乃はなさんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

3、「宝塚歌劇団プロジェクト 朝夏まなとさんインタビュー<前編>」 ゴーゴーご組

4、「GO!GO!宝塚 プレッシャーだけどチャンス 宝塚花組・真飛聖」 日刊スポーツ

コメントを残す

このページの先頭へ