真琴つばさの退団理由・退団後・結婚

真琴つばさ(まこと つばさ、11月25日)は宝塚歌劇団71期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は自分で考えた。愛称は本名から「まみ」。

身長は168cm。血液型はA型。

出身地は東京都品川区。出身校は実践女子学園高等学校。

所属事務所はエフ・スピリット。


Sponsored Link

宝塚時代

月組の若手男役ユニット「シューマッハ」の名付け親。

 

1983年に宝塚音楽学校に入学。

夜は同室の一路真輝に気を使い、布団の中で煎餅を食べていた〔1〕。

 

1985年に宝塚歌劇団の71期生として入団し、花組公演「愛あれば命は永遠に<ナポレオンとジョセフィーヌ>」で初舞台を踏み、花組に配属される。

1991年に大浦みずきの口添えにより「ヴェネチアの紋章」で新人公演初主演を務める。

1993年に「ル・グラン・モーヌ」でバウホール公演初主演を務め、月組へ組替え。

1994年に「ローン・ウルフ」でバウホール公演主演を務める。

1996年に「訪問者」でバウホール公演主演を務める。

1997年に月組トップスターに就任。「EL DORADO」がお披露目公演となる。

2001年に「愛のソナタ/ESP!」宝塚大劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

女優、タレントとして「エフ・スピリット」に所属。

 

2017年6月25日に「宝塚記念」の表彰式プレゼンターを務め、「Todos del Tango」に出演。

 

結婚

オネェカウンセラー・Toshi&Lithiのオーラ診断では、65歳で10歳年上の男性と結婚すると診断された〔1〕。

 

入団前

中学生のときはバレーボール部に所属していた。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「ヴェネチアの紋章」(初主演)

 

・バウホール公演3回

「ル・グラン・モーヌ」(初主演)

「ローン・ウルフ」

「訪問者」

 

関連ページ

トップスターの同期生:稔幸轟悠愛華みれ

トップ娘役の同期生:鮎ゆうき

所属:71期生花組月組


Sponsored Link


Sponsored Link


情報ソース

1、「バイキング」 フジテレビ 2015年1月27日

コメントを残す

このページの先頭へ