眞ノ宮るいの新人公演時代

眞ノ宮るい(まのみや るい、1月8日)は宝塚歌劇団100期生の男役タカラジェンヌ。

芸名は恩師に名付けられた〔1〕。

愛称は「うえんつ」、本名から「はい(ちゃん)」、芸名から「るい」。

身長は170cm。

出身地は神奈川県横浜市。出身校は日本女子大学付属高校。

 

趣味は読書、美味しいおにぎり探しの旅〔1〕。

集めている品はTシャツ〔1〕。

好きな色はスカイブルー、赤、青〔1〕。

好きな食べ物はポテト、レモン、おにぎり、プリン、もつ鍋〔1〕。


Sponsored Link

宝塚時代

演じてみたい役は色々な役〔1〕。

 

2012年に宝塚音楽学校に入学。

2014年に宝塚歌劇団に100期生として入団し、月組公演「宝塚をどり/明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-/TAKARAZUKA 花詩集100!!」で初舞台を踏む。

2015年に雪組に配属される。

2016年2月18日から「るろうに剣心」を体調不良のため休演し、22日に舞台復帰。

2017年に第54回「宝塚舞踊会」に出演し、「幕末太陽傳」の新人公演で久坂玄瑞役を務める。

 

関連ページ

所属:100期生雪組


Sponsored Link


Sponsored Link

情報ソース

1、宝塚おとめ 2014年度版~

コメントを残す

このページの先頭へ