白城あやかの退団理由・退団後・結婚

白城あやか(しらき あやか、9月27日)は宝塚歌劇団74期生の娘役タカラジェンヌ。

愛称は本名から「みきちゃん」、芸名から「あや」。

身長は164cm。

出身地は東京都足立区。出身校は十文字学園。

夫はタレント、司会者の中山秀征。


Sponsored Link

宝塚時代

1986年に宝塚音楽学校に入学。

1988年に宝塚歌劇団の74期生として入団し、花組公演「キス・ミー・ケイト」で初舞台を踏み、花組に配属される。

1991年に「春の風を君に…」で新人公演初ヒロインを務め、星組へ組替え。「グランサッソの百合」でバウホール公演初ヒロインを務める。

1992年に星組トップ娘役に就任。「白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ」が宝塚大劇場お披露目公演となる。

1997年に「エリザベート -愛と死の輪舞-」東京宝塚劇場公演千秋楽で宝塚歌劇団を退団。

 

退団後

男児を4人出産。

 

1998年にタレント、司会者の中山秀征と結婚。

2002年にテレビ番組「Takarazuka Cafe Break」の司会に就任。

2006年に「エリザベート10周年ガラコンサート」に出演。

 

主演・エトワール

・新人公演1回

「春の風を君に…」(初ヒロイン)

 

・バウホール公演1回

「グランサッソの百合」(初ヒロイン)

 

関連ページ

トップスターの同期生:和央ようか

トップ娘役の同期生:麻乃佳世森奈みはる渚あき

所属:74期生花組星組


Sponsored Link


Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ